いつになっても色気のある歌手といえば、山本リンダさんですよね!





何歳になっても、元気で明るくて、根強いファンが多いのが事実です。


最近になって、またバラエティ番組に出演することも多くなってきて、パワフルなトークを繰り広げています。


この記事では、山本リンダさんの、


・今現在の顔が顔面崩壊で劣化

・昔

・夫



について、お話しますね!

スポンサーリンク


山本リンダのプロフィール


まずは、山本リンダさんのプロフィールと経歴をお話しますね!





生年月日:1951年3月4日

出身地:福岡県小倉市(現在は北九州市)

身長:168cm

血液型:O型


山本リンダさんは、父がアメリカ人で、母が日本人なので、ハーフなんです。


かわいい顔してますが、あまりハーフ系の顔ではありませんよね。


山本リンダさんの父は軍人で、リンダさんが1歳のときに朝鮮戦争にて天国へ旅立ってしまったため、山本リンダさんは母の手1つで育ちました。


そのため、昔は非常に貧困生活だったといいます。


4歳のときには、神奈川県に引越したのですが、ハーフというだけでイジメにあい、壮絶な小学校生活を送りました。


母だけはリンダさんの味方で、よく好物のお好み焼きをつくってくれて、励ましてくれたといいます。


母の手1つで育ち、イジメにあっても母に助けてもらい、そんな母を楽させてあげようと、山本リンダさんは芸能界への道を志します。


山本リンダさんが受けたオーディションはモデルのオーディションでした。


雑誌「装苑」のモデルオーディションを受け、合格し、芸能界デビューを飾りました。


雑誌「装苑」とは、今でいう、「ViVi」や「セブンティーン」のようなもので、若者に人気だったファッション雑誌です。


こちらが、モデルのオーディションを受けるときに写真館で撮影した山本リンダさんの当時の写真です。





今と変わらず、非常に綺麗ですよね!


モデルとして活動したあと、山本リンダさんは歌手としてデビューします。


1966年の15歳のときに、「こまっちゃうナ」でデビューしました。


こちらが、「こまっちゃうナ」の写真です。





「こまっちゃうナ」は、デビュー曲ながら爆発的ヒットとなり、山本リンダさんの大ブレイクのキッカケとなりました。


「こまっちゃうナ」をひっさげ、紅白歌合戦にも出場し、一気にアイドルの頂点に立ちます。


今でこそ、色気が特徴のタレントですが、当時はバリバリのアイドルだったんです。


その後は、少し人気は下火になり、「仮面ライダー」にて女優デビューしました。


こちらが、「仮面ライダー」出演時の山本リンダさんです。





だんだんと色気が出てきましたね。


女優としても不動の地位を確立したあとは、1972年に「どうにもとまらない」という曲を発売し、まだ大ブレイクします!


勢いはとまらず、1973年には、「狙いうち」を発売し、これも大ヒットします!


しかし、1970年代の後半から、また人気は下火となりました。


それからは、地方のスナックなどに営業に行き、曲を歌ったりして、どうにか生活をつないでいきました。


それ以降、ほとんどテレビで見かけることはなくなりました。


そして、2000年代に入り、また山本リンダさんのブームが訪れました。


2005年には、缶コーヒーのCMに出演し、ドミノピザのCMでは、自身のヒット曲「どうにもとまらない」の替え歌が起用され、山本リンダさんの名前が若者にも浸透しました。


2010年代に入ってからも、山本リンダさんのヒット曲がリメイクされ、発売されたり、音楽番組に出演したりと、昔ほどではないですが、少しずつテレビに出演しています。

スポンサーリンク


山本リンダの顔が顔面崩壊で劣化!?


昔は清純なアイドルとしてデビューし、非常に可愛かった山本リンダさんですが、今現在の顔が顔面崩壊といわれてるんです!


では、今現在の顔をさっそく見てみましょう~!!





いかがですか?


以上の画像が今現在の山本リンダさんの顔です。


テレビを見た方は、


・ヒアルロン酸を打ちすぎて顔がでこぼこ

・目が開いていない

・整形のし過ぎ


などと、言っていました。



山本リンダさんは、年齢も年齢ですから、やはり劣化は否めませんし、色気のあるタレントとして話題になったわけですから、美容に関しても非常に敏感です。


それでは、整形疑惑に関しても検証してみましょうか!


こちらが、昔の大ブレイクしていた頃の山本リンダさん。





こちらが、今現在の山本リンダさんです。





昔は目がパッチリと見開いていたのに、現在は目が半分しか開いていませんね~。


顔もでこぼこが多いのは否めません。


これは、プチ整形の一種であるヒアルロン酸注射によるものだと思います。


ヒアルロン酸注射は、肌を若く保つためには非常に優秀なプチ整形なのですが、注射を打ち過ぎると、山本リンダさんのように顔がでこぼこになったり、目が開きづらくなったりとデメリットも大きいのです。


しかし、このヒアルロン酸を多く打っている背景には、山本リンダさんが、「この歳になってもテレビに出続けたい」という願望と、「いつまでも美しくいたい」という願望が垣間見えるので、全然問題ないと思いますけどね。


いつまでも、美しさを求める姿は世の女性たちも参考にしてもらいたいです。


それに、昔もたしかに綺麗ですが、今現在もメチャメチャ綺麗ではないでしょうか?

スポンサーリンク


山本リンダの夫について!


お次は、山本リンダさんの結婚した夫のお話です。


山本リンダさんの夫は、稲葉光彦さんです。





稲葉光彦さんは常葉大学の教授で、社会福祉を専門としています。


慶応大学を卒業し、学位は法学博士といい、著書も多く出版しており、非常にエリートな夫です。


山本リンダさんよりも年齢は7つ年上で、山本リンダさんは50歳のときに初婚しました。


結婚したのは、2001年5月3日です。


共通の知人がいて、食事をキッカケに出会いました。


そのときに自身と共通点が多いことが結婚の、馴れ初めといわれています。


山本リンダさんのヒット曲「狙いうち」の中に、「玉の輿に乗る」という歌詞があるのですが、大学教授と結婚したということは、玉の輿に乗れたってことですよね~。


まさに、稲葉さんを狙いうちしたのでしょう。


そして、山本リンダさんは、50歳という遅さで、初婚になってしまったのには、理由があります。


山本リンダさんは、宗教団体に属しているのですが、そこの団体の幹部が理想の男性像だったために、その理想を追い求め、婚期を逃したといわれています。



初婚が50歳なので、さすがに子供はいません。


幼いころから壮絶なストーリーがあった山本リンダさんですが、現在はエリート教授と結婚して幸せな日々を過ごしています。


汽車に乗って、ゆっくりと過ぎる時間が好きだと話していたので、夫の稲葉さんと汽車に乗って今後の余生を楽しんでほしいですよね。


ちなみに、新幹線は一瞬で景色が通り過ぎちゃって嫌なんだとか。

まとめ


いかがでしたか?


1960年代に大ブレイクした山本リンダさんを紹介しました。





顔面崩壊で劣化したといわれていますが、今現在も美しさは健在だと分かりましたね。


結婚した夫は、大学教授だと分かりましたね。



今現在でも多くのバラエティ番組で見かけますが、トークも凄く面白いんですよね。


自分が欲しい服がギャル御用達の109にしか無いと発言しており、「若いなぁ~」って思っちゃいます。


天ぷらの油分が苦手で、衣は全部とって食べるというので美容や健康にも非常に気をつかってるそうです。


いつまでも若さと健康を保ち、芸能界で活躍していてほしい方ですね。


当サイトは、山本リンダさんを応援します。