今世間で、話題になっている問題が過労死。


絶対あってはならない問題ですよね。


そんな過労死という問題と真正面から勝負する弁護士が、川人博さんです。


これまで何度かテレビで見たことある人も多いでしょうけど、2017年11月20日のNHKのプロフェッショナルに出演するとのことで、一気に知名度が増す予感です。


テレビを見て、川人博さんのことが気になりだした人も多いのではないでしょうか?


この記事では、川人博さんの、


・弁護士事務所の評判

・経歴

・wiki風プロフィール

・結婚した妻



についてまとめますね!


スポンサーリンク


川人博のwiki風プロフィールと経歴まとめ


まずは、川人博さんのwiki風プロフィールと経歴を書いていきますねー!





読み方:かわひと ひろし

生年月日:1949年10月7日

出身小学校:泉佐野市立日新小学校

出身中学校:同市立第三中学校

出身高校:大阪府立三国丘高校

出身大学:東京大学経済学部



大学は東大を出ているなんて、エリート中のエリートですね!


川人博さんは1978年に東京弁護士会に弁護士登録をしています。


最初に勤めていた弁護士事務所は、文京総合法律事務所です。


そのあと1995年に現在社長を務める川人法律事務所を設立しました。


弁護士登録をしてから、17年後に独立しているとこのことなので、それまでに非常に多くの経験や知識を蓄えたことでしょう。


川人博さんの弁護士としての得意分野は、過労死についてです。


過労死とは勤務している会社で、非常に長い時間拘束され、働き続けて過労が重なり命を落としてしまうことです。


川人博さんは、そんな過労死をできる限りこの日本からなくそうと弁護士として活動しており、1988年から「過労死110番」に参加し現在は
過労死弁護団全国連絡会議幹事長を務めるまでになりました。


1992年からは、東大教養学部「法と社会と人権」ゼミを担当しており、人権問題についてもしっかりと向き合っています。


そんな川人博さんが有名になったのは2017年11月20日放送のNHKのプロフェッショナルに出演したことです。


番組内では、多くの企業の過労死問題に立ち向かう姿が特集され、「この人に相談しようかな?」とか「カッコイイ!」なんて声が飛び交い、一躍弁護士として有名になりました。


スポンサーリンク


川人博の弁護士事務所の評判は?





さて、川人博さんの事務所の評判についても書いていきますね。


まず、川人博さんは非常に多くの書籍を出版しているので、評判が悪いわけありません。








法律や過労死に関する書籍を多く出版できるということは出版社からもメディアからも評価されているという証拠。


そして、先ほども書いたようにNHKの番組に特集されてるわけですから、テレビ局側も川人博さんの評判が良いということを聞きつけて、川人博さんに取材を交渉したのでしょう。


「働き方」だったり「会社の過労死」に悩んでいる人であれば、川人博さんは熱心に問題を解決してくれるに違いありません。


川人博さんは30年以上も過労死やサービス残業などの分野に精通しており、企業の勤務記録がなくても、様々な人物にその実態を聞いて多くの情報を収集し、実績を積み重ねてきています。


ただ、それ以外の分野であれば、あまり大きな実績はなさそうな感じ。


川人博さんの弁護士事務所はこちら。


住所:東京都文京区本郷2丁目27番17号 ICNビル2階

電話番号:03-3813-6901

最寄駅は丸の内線本郷三丁目から徒歩約1分



川人博さんの弁護士事務所では法律相談は電話ではやっておらず、すべて予約制で面談で行っています。

相談の値段は30分5000円で、1時間10000円ですので、有名な弁護士ということを考えれば値段はかなりリーズナブルではないでしょうか?


スポンサーリンク


川人博の結婚した妻を調査!


仕事熱心で非常に真面目な川人博さん。


今は年配の仲間入りをしているわけですが、若いときはさぞかしモテモテだったことでしょう。


結婚しているのかなー?とか妻はいるのかなー?って気になる人もいるんじゃないかな。


川人博さんには結婚してるという噂はありませんでした。


ただ、川人博さんの左手の薬指をみてください。





結婚指輪がありません。


他の多くの川人博さんの写真を見ても、やはり結婚指輪はしていないので、川人博さんは独身である可能性が極めて高いです。


弁護士は資格を取得するまでに膨大な時間が必要ですし、そのあとも勉強、勉強の日々が続くわけですから、川人博さんはまともに恋愛すらできなかった可能性が高いです。


自分の寝る時間も削って、社会の問題に立ち向かう姿は本当に正義の味方って感じ。

さいごに


いかがでしたか?


過労死問題を専門とする弁護士の川人博さんを紹介しました。





川人博さんのモットーは、「亡き人になりかわる」です。


すでに68歳だというのに現役で弁護士を続けており、どんな場所にも行き徹底的に証拠を集める姿をみると、パワーをもらえますよね!


当サイトでは、川人博さんを応援します。