日本最強のヴァイオリニストといえば、樫本大進さんですよねー!



普段はテレビ番組に出演することなんて滅多にないんですが、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演し、これまで樫本大進さんを知らなかった人も知る機会が増え、多くのファンを獲得しています。


テレビを見て、樫本大進さんのことが気になったのではないでしょうか?


この記事では、樫本大進さんの、

・結婚した妻

・子供

・母や父などの両親

・使用してる楽器


について、まとめていきますねー!

スポンサーリンク


樫本大進のプロフィール


まずは、樫本大進さんのプロフィールを書いていきますねー!



読み方:かしもと だいしん

生年月日:1979年3月27日

出身地:ロンドン

住んでいるところ:ドイツ


樫本大進の結婚した妻について!


樫本大進さんはもちろん、結婚しております。

結婚した妻は、出田りあ!



妻の出田りあさんとは、2008年の3月に結婚しています。


樫本大進さんは幼い頃から、海外で生活していた時期が長かったので、日本語が苦手だったようですが、妻の出田りあさんと結婚してからは妻の影響で日本語が上手になったといいます。


それまでは、インタビューにすらまともに答えられないくらい日本語が喋れなかったようですね。


出田りあさんは、マリンバ奏者として日本や海外で活躍している音楽家のため、樫本大進さんとは意気投合し、結婚に至ったんだと思われます。


休日は自宅でのんびりすることが多いという、樫本大進さん。

妻のことを多くは語りませんが、休日に自宅にいるってことは夫婦生活は円満だと推測できますねー。


休日は、樫本大進さんと出田りあさん夫婦の自宅で友人を招いてパーティをすることもあるみたい。

こちらが、樫本大進さんの自宅の写真。



豪華な料理がずらりと並んでるところをみると、妻に愛されてるのが一目でわかる!


互いに同業者なので、不倫とか離婚とかの心配はなさそうですね!


スポンサーリンク


樫本大進の子供について!


夫婦生活は凄く円満だと話しましたが、子供に関しては情報がなく、いないんだろうと思います。


樫本大進さん夫婦は、海外を拠点に音楽活動を行っているので、子供に恵まれることが難しいんじゃないかな。


出田りあさんもすでに30歳をとっくに超えているので、1人くらいは子供を授かってほしい気もする。


まぁ、子供がいなくても夫婦仲がいいのなら、子供はいらないのかもね。

樫本大進の母と父について!


樫本大進さんの母は、潔子さんといいます!


母は、音大のピアノ科出身で元々は音楽家の方です。


樫本大進さんはドイツに留学していたときには母と家賃3万円のアパートに住んでいたことがあるのですが、その当時もヴァイオリンの練習に明け暮れており、母は気を遣って、部屋で眠らずにキッチンで寝ていたというエピソードがあります。

母は、樫本大進さんが3歳の頃にヴァイオリンを勧めており、1日の練習時間は15分までと決めていたそうで、楽器に触れる時間を極端に短くすることにより、楽器の練習が楽しいものと思わせるように、刷り込んでいったといいます。


母は、インタビューなどに応じたときは、決して樫本大進さんのことを褒めることはなく、息子はただ運が良かっただけ。素晴らしい友人や先生に出会えたから今があると言っており、樫本大進さんに対し、人に感謝することをモットーに教育していたみたいですね。


凄く、出来た母だと思います。


次に樫本大進さんの父を紹介します。


父の名前は、同(ひとし)さんといいます。


母は、樫本大進さんの教育に非常に熱心だったようですが、父は結構放任主義な方のようです。


樫本大進さんと母はドイツで一緒に暮らしていたときは、父とは別居していたようですが、父は稼いだお金を大進さんと母に食費として毎月送っていたという優しいエピソードがあります。


父は重機メーカーに勤めるサラリーマンのようです。海外赴任の経験が多いことから、かなり仕事のできる方のようですね。

樫本大進の使用楽器をチェック!


ファンの間では、樫本大進さんの使用している楽器が気になっているようです。


樫本大進さんの使用楽器は、1674年製アンドレア・グァルネリです。



かなり古い楽器ですよねー。


プロが使うヴァイオリンは高いものだと10億円以上するといいますから、樫本大進さんのヴァイオリンの値段も10億は下らないんじゃないかなー。


これも、樫本大進さんが使うからこそ、美しい音色を奏でるのでしょう!

さいごに


いかがでしたか?


ヴァイオリニストの樫本大進さんを紹介しました。



青春時代の多くを海外で過ごしているため、他の日本人とは全然違う感性で生きてるんですよねー。

今ではそれが、大きな武器となっていますが、幼い頃は母と2人で海外で生活していると非常に寂しい思いをしたといいます。


でも今は多くのファンが囲い、妻もいるので、寂しくなんかないはず。


今のまま、世界に素敵な音色を響かせて、世界中の人々を幸せにしてほしいものです。


当サイトでは、樫本大進さんを応援します。