俳優の大杉漣さんが、2018年2月21日にお亡くなりになりました。

名俳優だったので、若い人から大人までご存知の俳優だったんじゃないでしょうか。

ドラマ「相棒」や「嘘の戦争」などの人気作品に出演することが多かったので、ショックを隠しきれない方が多いでしょう。

今回、大杉漣さんのご冥福を祈ると同時に、なぜ今回、大杉漣さんがお亡くなりになられたのか解説していきます。

スポンサーリンク


大杉漣の死因は急性心不全!


まず、所属事務所のコメントによると、大杉漣さんの死因は、急性心不全と発表がありました。

お亡くなりになられたのは、2018年2月21日の午前3時53分だったといいます。

最近では、多くの芸能人がお亡くなりになられているので、大杉漣さんの死因は、実は急性心不全じゃないんじゃないの?って思われる人もいるかもしれませんが、個人的には急性心不全で間違いないと思います。

ドラマやバラエティ番組を見ている限り、かなりの笑顔をふりまいていましたから、間違っても薬の多様であったり、自殺ということは考えられないでしょう。

繰り返しになりますが、大杉漣さんの死因は急性心不全です。

原因はなぜ?


さて、大杉漣さんの死因が急性心不全と判明したところで、なぜ今回そのようなことが起こってしまったのか解説していきます。

まず、急性心不全は実は20代や30代でも起こる人は起こるので、大杉漣さんが年配だったからということはあまり関係ありません。

急性心不全の初期症状としては、「意識がはっきりしない」というものがあるのですが、ドラマやバラエティ番組を見ている限り、大杉漣さんの意識は60代とは思えないくらいはっきりしていたので、共演していたタレントやスタッフも大杉漣さんの違和感には気がつかなかったのでしょう。

そして、急性心不全は寒い冬にもっとも起こりやすいといわれています。

2018年の冬は東京で雪が降ったりと記録的な寒さなので、それも大杉漣さんが急性心不全を患った原因ともいえます。

スポンサーリンク


大杉漣は元々病気持ちだった?


今回、急性心不全を患った大杉漣さんですが、元々病気を持っていたのか?その辺も解説していきます。

まず、結論を話すと大杉漣さんは病気はされていなかったようです。

2018年に突入してからも、ドラマに出演されていましたし、体調に関してもかなり良好だったといえます。

そんな元気な方にも急性心不全は突如としてやってくるものなんですね。

さいごに


いかがでしたか?

名俳優の大杉漣さんがお亡くなりになられましたが、これまで彼が残した感動の作品は今後も色褪せることがないのは事実です。

ご冥福をお祈りします。

関連記事:大杉漣さんが亡くなりゴチになりますはどうなる?