人気番組「セブンルール」に、人気漫画の編集者・助宗佑美(すけむねゆみ)さんが出演すると話題です。

なんともいえない愛嬌のある助宗佑美さんですが、テレビを見て助宗佑美さんのファンになった人もさぞかし多いはず!

この記事では、助宗佑美さんの、

・結婚や子供や彼氏

・出身大学


について、お話していきますねー!

スポンサーリンク

助宗佑美のプロフィール


まずは、助宗佑美さんの華麗なるプロフィールを紹介していきましょう!




出身地:静岡県

年齢:34歳(記事執筆現在)

助宗佑美さんは2006年に講談社に入社し、入社してからはKissの編集部に所属しています。

現在世間でも話題の漫画「逃げるは恥だが役に立つ」や「海月姫」「東京タラレバ娘」などの編集を務めることで人気者になりました。

現在は月刊誌で9本の連載を同時進行していて、20名の漫画家の編集担当を務めています。

助宗佑美の結婚と旦那について!


助宗佑美さんはすでに結婚しており、旦那さんがいます。

助宗佑美さんは2011年に結婚していて、現在は5歳の男の子の子供がいます。

人気漫画の編集者の旦那さんということで、さぞかし人気俳優なんかと結婚されたのかなーと思いきや、まさかの旦那さんは一般人。

こちらが、助宗佑美さんの旦那さんの顔写真!



横顔ではありますが、イケメンオーラはプンプン漂ってきますねー。

旦那さんよりも、食事中の息子さんの姿勢が気になっちゃいますが。(笑)

ご自宅も非常に豪華な感じがして、助宗佑美さんがいかに稼いでいるかが分かりますね。


そして、旦那さんは子供が産まれる2週間前に勤めていた会社を退職し、今はパートに行きながら主夫をしているそうです。

一見、それって大丈夫なのか!?って思っちゃいますけど、これには理由があって、助宗佑美さんが多くの漫画の編集をしており仕事が非常に多忙なため子育てに専念できないから、代わりに旦那さんが主夫をしているとのこと。

最近では、妻がバリバリ働いていて、旦那が子育てをする家庭が増えてきていますよね~。


ドキュメンタリー番組「セブンルール」では、そんな助宗佑美さんの家庭の中にもカメラが潜入して、一見変わった生活を送る家庭環境にもフォーカスするのですが、見た限り凄く幸せそうだったので夫婦生活はかなり良好と見て良さそうです。


助宗佑美さんって、「逃げるは恥だが役に立つ」や「東京タラレバ娘」の漫画を編集しているのですが、それらの漫画のストーリーは、女性が男性に幸せにしてもらうことを目的にした漫画なので、助宗佑美さんは誰よりも幸せな家庭を築く秘訣を知っているのでしょう。

スポンサーリンク

助宗佑美の出身大学はどこ?




助宗佑美さんの出身大学は、明治学院大学文学部芸術学科です。

明治学院大学卒業と聞くだけでも凄く頭が良いのは分かりますが、実は第一志望の大学は早稲田大学だったと話していました。

あれだけの人気漫画の編集を務めるわけですから、早稲田や明治と聞いても全然驚かないですよね。


助宗佑美さんは小学生のころから読書が趣味で、成績も非常に優秀だったようですがプライベートでは個性がないというのが悩みだったのだとか。

大学では、芸術を学んでいたと話していたので、大学で学んだ芸術が多くのヒット漫画を生み出した所以ともいえるでしょう。

あとがき


いかがでしたか?

人気漫画の編集を務める可愛すぎる女子・助宗佑美さんを紹介しました。


「セブンルール」を見る限り、どんなに多忙でも常に笑顔を絶やさない姿が多くの女性の心に突き刺さったのではないでしょうか。

約20名の漫画家さんの担当をしており、多くの人から厚い信頼を得ているところを見て助宗佑美さんの人間性が素晴らしいことも理解できましたよね。


くれぐれも体調には気をつけて素敵な旦那さんと子供に支えられながら、多くの人気漫画を世に輩出してほしいでものです。

それでは今回はこの辺で!