2018年12月26日発売の写真週刊誌「週刊文春」にて、フォトジャーナリストの広河隆一さんが、女性7人に性的暴行を加えていたことが発覚して話題になっています。

広河隆一さんはフォトジャーナリストとしては非常に有名な方ですが、週刊文春の衝撃的な告発ではじめて広河さんのことを知った方も多いはず。

この記事では、広河隆一さんの結婚した妻や子供や娘や週刊文春に記載された被害者女性についてまとめます!

スポンサーリンク


広河隆一のプロフィール




生年月日:1943年9月5日

生まれ:中華民国天津市

国籍:日本

別名:廣河隆一

住んでいるところ:東京都世田谷区

出身中学校:羽曳野市立高鷲中学校卒業

出身高校:大阪府立生野高等学校卒業

出身大学:早稲田大学教育学部

スポンサーリンク


広河隆一の結婚した妻と子供は誰!?




週刊文春により、多くの女性に性的暴行を加えていたと発覚して、広河隆一さんは結婚してるのか気になる方も多いでしょう。

広河隆一さんは一度離婚を経験しており、結婚した回数は2回あります。

広河隆一さんの最初に結婚した妻は、ルティ・ジョスコビッツという女性。



ルティ・ジョスコビッツさんはイスラエル生まれのイスラエル人で、広河ルティという名義で評論家としても活動されていました。

イスラエル北部のキブツであるキブツ・ダリヤで、当時カメラマンをしていた広河隆一さんと出会い、2人は結ばれています。

過去にフランス国籍から日本国籍に変更しようと試みたものの、認められず失敗に終わったことがあります。

評論家という職業柄、フォトジャーナリストの広河隆一さんとは相性は良さそうに思えますが、ルティ・ジョスコビッツさんとは離婚してしまっています。

広河隆一さんと最初の妻であるルティ・ジョスコビッツさんの間には子供(娘)がいます!

娘の名前は、タミイJ広河さん。



娘のタミイJ広河さんも、芸術家として有名で画家なやパーカッション奏者として活躍されており、今は沖縄在住です。

顔画像を見てみると、凄く綺麗な娘さんですよね!

2018年12月26日に、父親である広河隆一さんが自分の部下の女性複数名に性的暴行を加えていたことが発覚してしまい、娘さんも非常にショックだったことでしょう。

そして、広河隆一さんはルティ・ジョスコビッツさんと離婚した後、一般人女性と結婚しました。

2度目の妻は大手出版社に勤務しているといわれているので、広河隆一さんとは仕事の関係上で出会ったといわれています。

週刊文春の報道により、多くの女性との関係をもっていた広河隆一さんですが、今もなお妻とは離婚していないため、広河さんは多くの不倫をしていたということになります。

しかも、広河隆一さんは多くの女性に無理やり迫っていたといわれているので、現在の妻も非常にお気の毒ですね。

スポンサーリンク


週刊文春に告発した被害者女性は誰!?




2018年12月26日発売の週刊文春によると、広河隆一さんが7名以上の女性に無理やり性的暴行を加えたと報道されましたが、相手の被害者女性は一体どんな女性なのか見ていきましょう。

広河隆一さんといえば、これまでチェルノブイリ原発事故や薬害や非常に重い病気などの問題に取り組み、常にその被害者の立場に立ってきた人権派ジャーナリストです。

そんな人権派ジャーナリストが、このたび複数の女性にセクハラを繰り返していたなんて許されることではないですし、これまで広河隆一さんを応援してきたファンを裏切ったということになります。

広河隆一さんにセクハラをされた女性らは、広河隆一さんの会社に勤めていた部下だといいます。

その部下の女性らは、どの女性もフォトジャーナリストになりたいという夢を持って、広河隆一さんの事務所に入社してきた女性でした。

被害に遭った女性らは、広河隆一さんのことをフォトジャーナリスト界の雲の上のような存在だと思っており、仕事面で尊敬していただけなのに、広河さんは何を勘違いしたのか事務所に入社してきた女性は自分の男性としての魅力に惹かれていると思ったようで、性的な関係を迫ったのです。

しかし、被害に遭われた女性らも、広河隆一さんに気に入られなければ立派なフォトジャーナリストになれないと思っていたため、広河さんの誘いを断ることはできなかったのでした。

つまり、広河隆一さんは自身の権力や人脈や立場を最大限に利用して、部下の女性らに手を出していたのです。

広河隆一さんは週刊文春の直撃には、素直に部下の女性らに手を出したことを認めているものの、無理やりではなく、被害者女性は全員広河さんに魅力を感じていたと話しす始末。

そのような勘違いした考え方をしている時点で、まだまだ被害者は増えていきそうですよね。

今回、部下の女性が週刊文春に、広河隆一さんにセクハラを受けていたことを勇気をもって告発してくれたおかげでようやく広河さんの悪事が暴かれたわけですが、今回の告発がなければ永遠に被害者女性を続出することとなっていたでしょう。

しかも、被害者女性の中には大学生の女の子もいたといい、広河隆一さんは若い女性が相当お好きなようです。

何より、広河隆一さんは今も妻と暮らしているため、不倫された妻も被害者女性の1人といえるでしょう。

スポンサーリンク


まとめ




名誉あるフォトジャーナリスト広河隆一さんが、部下の女性にセクハラをしていたと発覚したので、広河さんの結婚した妻と子供(娘)について公開しました。

今回の週刊文春の報道にて、この世界からセクハラが1つでも無くなってくれれば幸いです。

広河隆一さんもすでに75歳を迎えているのですから、紳士な大人になって今回のことを充分に反省していただきたいところ。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。