2019年1月1日に、原宿の竹下通りにて軽自動車を暴走運転して、計8人を車ではねた男が逮捕されました。

逮捕された男の名前は、日下部和博

この記事では、日下部和博が一体どんな人間だったのか?真相に迫ります!

スポンサーリンク


日下部和博が原宿竹下通りを暴走で逮捕!


冒頭でもお話したとおり、日下部和博は2019年1月1日の0時10分頃に原宿駅前の一方通行の道路を軽自動車で逆走して、8人を相次いではねたとして逮捕されています。

はねられた被害者のうち、男子大学生は現状意識不明の重体となっており、日下部和博は殺人未遂の疑いがもたれています。

その後、その犯行の一部始終を目撃していた方の顔を殴ったことも明らかになっています。

日下部和博は大阪から東京まで軽自動車で来ており、後部座席には灯油が入ったポリタンクがつまれていたと報道されており、世間の方々の意見では、「これは大きなテロを起こそうとしたんじゃないか?」とまで言われています。

後部座席に置いてあった灯油のポリタンクは結局のところ、犯行に使われなかったため、それだけが不幸中の幸いかもしれない。

しかも乗っていた軽自動車はレンタカーだったことも判明しており、今回の竹下通りでの犯行はかなり計画的なものだったのでしょう。

事件当初、犯行現場には多くの人だかりができており、たくさんの警察の方がいました。



以下が、犯行当時の竹下通りの写真です。



日下部和博が犯行に使った軽自動車は非常に悲惨な状態になっており、被害者の方が重症を負っていることがこの画像で判断できます。



犯行に使った車種は、ダイハツの人気車種であるムーブです。前方部分は完全に大破してしまっていますね。

今回の犯行に対し、日下部和博は容疑を否認するわけではなく、「殺そうと思って通行人を車ではね飛ばした。死刑に対する報復だった」と容疑を潔く認めています。

ほかにも、「大阪から来た。アクセルを踏み続けた」とも発言しています。

スポンサーリンク


日下部和博はアレフやオウム信者だったのか!?


日下部和博は警察に逮捕されてから、以下の発言をしています。

「大阪から来て車を暴走させた。オウムの死刑に対する報復でやった」

昨年2018年のビッグニュースといえば、カルト宗教であったオウム真理教の幹部であり死刑囚であった人たちが相次いで死刑執行となったことが記憶に新しい。

今回逮捕された日下部和博は、原宿での暴走行為を「オウムの死刑に対する報復でやった」と話しているので、日下部和博自身がオウム真理教と何かしら縁があったのではないかといわれています。

ただ、逮捕された日下部和博は逮捕時に21歳と報道されていたため非常に若く、オウム真理教が精力的に活動していた時代を知らないはず。

だから、個人的には日下部和博はオウム真理教とはあまり深く関わっていなかったのではないかと思います。

たしかにオウム真理教は現在、アレフという宗教団体に名前を変えて活動しているといわれていますが、個人的には日下部和博単独の犯行によるものではないかと推測しています。

これも個人的な推測になりますが、昨年の2018年にオウム真理教の死刑囚が相次いで死刑執行となり、メディアにてオウム真理教が起こしたこれまでの悪事が報道され、日下部和博自身も何かしらそれに影響されてしまいこのような犯行を起こしたのではないかと思いますね。

スポンサーリンク


日下部和博の顔画像や国籍や出身について!


日下部和博の顔画像については、現状まだ公開されていないので、公開され次第画像を公開させていただきます。

日下部和博は今回、大阪から軽自動車を使い、東京の原宿通りに来ていたことを明かしているため、今のところ大阪府出身とみていいでしょう。それに、日下部和博が犯行に使った車にはしっかりと大阪ナンバーのナンバープレートが装着されていました。

報道を見た視聴者の間では、日下部和博の国籍が気になっている方も多いようですが、明らかに日本人名である日下部和博という名前から、国籍も日本とみていいのではないでしょうか?

21歳となれば、今流行のFacebookやツイッターなどといったSNSをやっていることが多いですが、日下部和博はそれらのSNSをやっていないため、国籍や出身地の情報がないのが非常に残念。ただ、報道を見る限りでは日本国籍の大阪府出身というのが有力でしょう。

スポンサーリンク


まとめ




2019年を迎えた瞬間から、軽自動車で原宿竹下通りを逆走して8人をはねたことで逮捕された日下部和博についてまとめました。

日下部和博はオウム真理教の死刑囚のことを非常に尊敬していたと発言しており、その死刑囚が死刑執行になったことで、今回の犯行に至ったようです。

オウムの方々を尊敬するのは勝手ですが、他人を傷つけるような行為をしてしまうのは許せません。

日下部和博には今回犯した罪をしっかりと償ってもらいたいですよね。

この記事執筆現在は日下部和博の住所や職業などはまだ公開されていませんが、今後日下部和博の素顔が徐々に明らかになっていくはず!