大手牛丼チェーン店の『すき家』に勤めるアルバイト従業員が、勤務中に関わらず、不適切な動画をインスタグラムに投稿しました。

この記事では、すき家で『くびかくご』とテロップの入った不適切動画を投稿した件について公開しますね。

スポンサーリンク


すき家で『くびかくご』動画が撮影されていた!



2019年1月、大手牛丼チェーン店『すき家』にて、バイト従業員が『絶対クビ』とゲラゲラ笑いながら、店内の氷を投げたり、調理器具を下腹部に付着させる不適切な動画がインスタグラムにて投稿されました。

動画が撮影された当日、すき家の店内は営業中で、お客さんはいない状態。

店内にいた従業員はバイトの従業員が3人のみという状況でした。

動画にて、不適切な言動を繰り返しているバイト従業員は2人写っており、もう1人の別の従業員がカメラを回して動画を撮影していました。

不適切動画は、若者に人気のSNSである『インスタグラム』内にて、投稿されており、動画を撮影した従業員が24時間限定で不適切動画を投稿していました。

ただ、不適切動画を閲覧していた視聴者は非常に多かったので、動画が大きく拡散されてしまい、すき家に苦情がいったのでした。

すき家の運営元であるゼンショーは、当然不適切動画をインスタグラムに投稿した従業員3人を処分すると、公式ホームページにて発表しています。

スポンサーリンク


不適切動画を投稿したバイト従業員は誰?


今回、すき家の営業時間中に不適切動画をインスタグラムに投稿したバイト従業員は、動画を見る限り、非常に若い男性だということが分かります。



若者に人気のインスタグラムのストーリーという機能を使って、不適切動画を24時間限定で投稿できるあたり、10代から20代ということが容易に予想できます。

そもそも、動画内での、食品を投げるや、調理器具を下腹部に付着させるという言動からして、10代もしくは、20代前半の社会経験のないバイト従業員でしょうね。

不適切動画に映ったバイト従業員3人は、動画内で、「やば、これ、絶対クビ」と笑いながら話していることも分かります。ですから、本人たちは心の片隅では、今回のような動画を不適切であり、常識外れということは頭で分かっていたようですね。

日頃のストレスや教養のなさから、今回のような不適切動画を投稿してしまったのでしょうが、これは決して許されることではありません。

動画には、『くびかくご』というテロップが入っていますが、その文字も平仮名表記で書かれており、バイト従業員が本当にクビを覚悟していたとは思えません。イタズラ心だけで単純に友人たちにこの動画を見てほしかっただけでしょう。

スポンサーリンク


不適切動画が撮影された店舗はどこ?




今回『くびかくご』とテロップの入った不適切動画が撮影された『すき家』の店舗は、関東にある店舗だということが判明しています。

関東に住んでいる方であれば、彼らが働いている店舗に一度は足を運んで、あのように衛生的に悪い場所で食事をしていたかもしれないと思うと、ゾッとしてしまいますよね。

今回の動画に関して、情報番組でも不適切動画が取り上げられており、弁護士の方もコメントしていました。

弁護士の方が言うには、今回の不適切動画の拡散により、すき家側が問題視すれば、今回の動画は業務妨害罪に該当する可能性があると指摘しています。

さらに、弁護士の方が言うには、すき家全体にお客さんの入りに影響が出るという可能性も十分にあり、会社が損害を受けたということになりますから、不適切動画を投稿したバイト従業員3人は民事の損害賠償で落ちた売り上げを損害賠償される可能性もあると話していました。

スポンサーリンク


すき家は過去にも不祥事を多く起こしていることで話題に!


今回、バイト従業員が不適切動画をインスタグラムに投稿したことで、すき家は大きな損害を受けているわけですが、実はすき家は過去にもバイト従業員の手によって、大きな利益を損失しています。

2015年には、すき家のアルバイト従業員が、総売上金額、総入客数、時間別入客数をツイッター上に投稿して、大きなニュースになっています。

もちろん、そのバイト従業員も運営元によって、処分されています。

2014年には、午前3時すぎにすき家に食事をしに行った男性が、15分待っても注文したメニューが到着せず、厨房を見に行ったら従業員がイヤホンをつけて寝ていたという不祥事もありました。

すき家に勤めるバイト従業員は、今回だけでなく、過去にも不祥事を起こしていることが理解していただけたでしょうか?

スポンサーリンク


まとめ




大手牛丼チェーン店『すき家』にて、バイト従業員が店の調理器具で遊んだり、店に常備されている氷などで遊ぶ姿が動画として投稿されて話題になっているとのことで、その概要をまとめました。

今回の騒動を見て思ったことは、バイト従業員が悪いことは事実ですが、すき家には今一度従業員の管理や教育を1からはじめてほしいところ。

皆さんもすき家に行く際は、食事の質だけではなく、店員の質も改めてチェックしてみましょう!