歌手や俳優として活躍していたショーケンこと、萩原健一さんが、2019年3月26日に消化管間質腫瘍という病により、この世を去ってしまいました。

萩原健一さんが、お亡くなりになったことで、世間は悲しみに明け暮れています。

そこで、気になるのは萩原健一さんの結婚した妻に関してではないでしょうか?

この記事では、ショーケンこと萩原健一さんの結婚した妻や過去の離婚歴や歴代の妻や子供についてお話しますね。

スポンサーリンク


萩原健一のプロフィール




本名:萩原 敬三(はぎわら けいぞう)

生年月日:1950年7月26日

出身地:埼玉県北足立郡与野町(現在は埼玉県さいたま市中央区)

身長:174cm

血液型:O型

萩原健一の結婚した妻まとめ




まず、お話したいのが、萩原健一さんは過去に3回離婚しており、4回の結婚経験があります

ですから、萩原健一さんには、これまでに4人の妻がいたということになります。

ここで、萩原健一さんと結婚した歴代の妻と現在の妻を公開しましょう。

萩原健一の妻その1:小泉一十三


萩原健一さんの一回目の結婚は1975年。

お相手は、モデルの小泉一十三さん。

しかし、萩原健一さんは小泉一十三さんとは3年で離婚してしまいました。

以下の画像は、萩原健一さんと小泉一十三さんが、まだ結婚前のときに、写真週刊誌に熱愛をスクープされたときのもの。



萩原健一さんと小泉一十三さんは、萩原健一さんの代表作『太陽にほえろ!』で共演して、熱愛関係になったといわれています。

スポンサーリンク


萩原健一の妻その2:いしだあゆみ




萩原健一さんと女優のいしだあゆみさんは、1978年3月に熱愛が発覚しました。

いしだあゆみさんとの熱愛報道が報じられたときは、まだ小泉一十三さんと離婚をしていなかったのですが、いしだあゆみさんとの熱愛が報じられたため、熱愛報道から9日後に小泉さんと離婚しています。

1980年には、萩原健一さんといしだあゆみさんは、婚約会見を開き、その後に結婚披露宴も行っています。



テレビでは、芸能界きってのおしどり夫婦といわれ話題になっていましたが、萩原健一さんといしだあゆみさんは、1984年に離婚してしまいました。

いしだあゆみさんとの離婚原因は、萩原健一さんが1983年4月に大麻を所持しており、現行犯で逮捕されてしまったからでした。

逮捕当時、いしだあゆみさんは、マスコミに対して、萩原健一さんをかばうような発言を繰り返していて、離婚は考えていないと発言していたのですが、その後、萩原健一さんは酒に酔いつぶれる生活を繰り返して、1984年2月に酒気帯び運転でオートバイをはねるという大事故を起こしてしまいます。

そんな事件が重なったことで、いしだあゆみさんは萩原健一さんのことをかばいきれなくなってしまい、2人は離婚しました。

2008年に発売された萩原健一さんの書いた本『ショーケン』によると、当時萩原健一さんはいしだあゆみさんと正式に籍を入れておらず、実は事実婚だったと暴露しています。

萩原健一の妻その3:ヘアメークアーティストの女性


萩原健一さんの3回目の結婚は、1996年のとき。

お相手は、ヘアメークアーティストの女性です。

これまで芸能人ばかりと交際したり、結婚してきた萩原健一さんですが、一般の方と結婚をしていたこともあるんです。

このヘアメークアーティストの女性は、過去に萩原健一さんのヘアメイクを担当していた方で、メイクを通じて知り合ったようです。

しかし、10年後の2006年に離婚してしまいました。

スポンサーリンク


萩原健一の妻その4:冨田リカ




ここで、紹介する冨田リカさんが、萩原健一さんの現在の妻になります。

萩原健一さんと妻の冨田リカさんの出会いは2009年のとき。

ファッション誌の対談企画を通じて出会いました。

冨田リカさんの本業はモデルということもあって、ファッション誌に登場することが多く、冨田さんが萩原健一さんの大ファンだったこともあり、対談相手に萩原さんを指名したのです。

しかし、萩原健一さんのほうは、その対談企画に乗り気ではなかったようです。

でも、冨田リカさんは大好きだった萩原健一さんに手作りのアップルパイやメッセージカードをプレゼントしており、それがキッカケで、萩原健一さんは冨田リカさんに惚れてしまったとのこと。

それから、萩原健一さんは冨田リカさんに猛アプローチして、2010年に交際を開始して、2011年に4回目の結婚を果たしました。



萩原健一さんといえば、過去の離婚歴を見ていただければ分かるとおり、逮捕歴があったりと、かなり結婚生活に失敗していますよね。

しかし、現在の妻である冨田リカさんと出会ったとき、「過去をすべて忘れました」と話しており、冨田リカさんとの結婚生活においても、「悪戦苦闘したことも全て忘れた」「いいことも悪いことも、帳尻が合う。今は幸せですよ」と話しており、過去のアウトローな生き方は全て忘れて、冨田リカさんとの結婚以来は、温厚なおじいちゃんのように生まれ変わってしまったのです。

実際に萩原健一さんは、冨田リカさんと結婚してから、四国八十八箇所をお遍路するなどして自分のこれまでの生き方を見つめ直すなどしています。

2人は、日本とシンガポールを行き来する豊かな生活を送ったり、休日はジムに通って一緒に汗を流すなどして、すごく幸せな家庭を築いていたとのこと。



冨田リカさんとの結婚後は、冨田さんのために3億円の豪邸を購入したりと、現在の妻である冨田リカさんには相当惚れていたことも分かっています。

2019年3月26日に萩原健一さんは、お亡くなりになられてしまいましたが、その最期を看取ったのも、妻の冨田リカさんだったようなので、萩原健一さんは冨田さんと結婚してから、最後まで本当に幸せだったことでしょう。

過去には不倫騒動も話題に


実は、萩原健一さんは過去に不倫騒動も起こしています。

それは、いしだあゆみさんとの離婚の後、萩原健一さんは女優の倍賞千恵子さんと交際していた時期があり、当時倍賞千恵子さんはアントニオ猪木さんと婚姻関係にあったのです。



1985年11月に、萩原健一さんと倍賞千恵子さんの不倫問題が写真週刊誌にスクープされており、萩原健一さんが大激怒して、スクープした写真週刊誌の記者らに暴行を加えて、書類送検されてしまいました。

その後、倍賞千恵子さんはアントニオ猪木さんと離婚して、萩原健一さんと交際を続けていたのですが、当時萩原健一さんは世界で活躍するバイオ二リスト前橋汀子さんや、女優の石田えりこさんとも熱愛関係が報じられ、結局は萩原健一さんの浮気により、倍賞千恵子さんとは破局してしまいました。

スポンサーリンク


萩原健一の子供について




続きまして、萩原健一さんの子供についても見ていきましょう。

萩原健一さんは一回目の結婚相手の小泉一十三さんとの間に子供がいます。

子供の性別は女の子で、名前は羽衣子さんだと噂されています。

萩原健一さんは、小泉さんと離婚したあとも、子供とは連絡を取り合うなどして、関係は良好だったみたいです。

萩原健一さんは、これまで4回結婚されていますが、小泉さん以外のお相手との間に子供がいたという事実がないので、萩原健一さんの子供は一番はじめの妻である小泉一十三さんとの間にできた子供だけということになります。

ちなみに、小泉さんとの間にできた子供の親権は、小泉さんがもっています。

萩原健一さんは小泉さんと離婚したときは、まだあまりお金もなかったそうで、イベントなどで着ぐるみに入ってパフォーマンスをするというイメージからかけ離れたアルバイトをしながら、子供の養育費を払っていたこともあります。

スポンサーリンク


まとめ




2019年3月26日に、萩原健一さんがお亡くなりになられたということで、萩原さんの結婚歴や離婚歴や現在の妻や子供について公開しました。

まとめると、萩原健一さんは3回離婚しており、4回結婚していて、お亡くなりになられるまで一緒にいた妻は、モデルの冨田リカさん。

子供は、一回目の結婚相手である小泉一十三さんとの間に1人だけ娘がいる。

ということになります。

女性よりも、男性に圧倒的な支持を得ていた萩原健一さん。

天国へ行っても、そのロックな魂を持ち続けてほしいものです。

それでは萩原健一さん、心からご冥福をお祈りします。