知的なイメージがある女優と聞かれ、真っ先に思い浮かぶのが、菊池桃子さん。

今では、あまりテレビ番組に出演することはありませんが、たまにバラエティ番組なんかに出演して話題になりますよね。

その美しい容姿は年齢を重ねても衰えることはありません。

この記事では、菊池桃子さんの結婚した旦那と離婚原因と子供について暴露しますね!

スポンサーリンク


菊池桃子のプロフィール




生年月日:1968年5月4日

出身地:東京都品川区

身長:160cm

血液型:B型

所属事務所:パーフィットプロダクション

菊池桃子の結婚した旦那は西川哲!


菊池桃子さんの結婚した旦那は、西川哲さんです。



西川哲さんの職業は、プロゴルファー

菊池桃子さんと西川哲さんが結婚したのは1995年

1995年といえば、菊池桃子さんがアイドル歌手から女優へ転身した時期でした。

実は、西川哲さんは大物歌手の五木みどりさんの息子であることから、菊池桃子さんと西川哲さんの結婚は非常に大きな話題になりました。

こちらは、2人の結婚式のときの写真です。



2人ともカメラに結婚指輪を見せており、とても幸せそうですよね。

旦那である西川哲さんは1995年当時、プロゴルファーとしての獲得賞金が2千万円を超えていました。

そんなことから、菊池桃子さんは順調に結婚に至ったと思われがちなのですが、そうではありませんでした

旦那の西川哲さんの母親である五木みどりさんは、菊池桃子さんとの結婚に賛成していたのですが、西川哲さんの父親は菊池さんとの結婚に猛反対していたのです。

中々、2人の結婚を認めてもらいないことから、当時、菊池桃子さんは精神的なストレスを抱え、それが原因で吐血をするほどでした。

その後、菊池桃子さんは病院に運ばれ、十二指腸潰瘍穿孔で入院もしたほど

そんな状況を見て、ようやく西川哲さんの父親は菊池桃子さんとの結婚を認める形となりました。

しかし、入籍することを認めただけで、結婚式を挙げることに関しては中々認めることはなかったのでした。

西川哲さんの父親は、西川さんがゴルファーのツアーで優勝することが、結婚式を挙げる条件だと提示。

父親に、その条件を言われた西川哲さんはその2ヵ月後に、ツアーで優勝を飾り、1996年に菊池桃子さんと西川哲さんは無事に結婚式を挙げることができました。

結婚式を挙げた1996年当時、菊池桃子さんはすでに大物芸能人ではありましたが、結婚式は親族のみが参加できるという小規模な結婚式を挙げたことも話題となりました。



西川哲さんと、どうしても結婚したいという意志の強かった菊池桃子さん。

ですが、2人は2012年に離婚を発表しました!

スポンサーリンク


菊池桃子の離婚原因について!




1995年の結婚当時は、非常にラブラブだった菊池桃子さんと旦那の西川哲さんですが、2人の離婚原因についても暴露しますね。

2人の離婚原因として、まず挙げられるのが、旦那の西川哲さんの収入です。

先ほどもお話した通り、旦那の西川哲さんは菊池桃子さんとの結婚当時は、獲得賞金が2千万円を超えていました。

しかし、結婚した翌年の収入は700万円ほどに減ってしまったのです。

それなら、まだしも、菊池桃子さんとの離婚を発表する6年前から離婚が成立するまでの年収は89万円ほどにまで減っていたといわれています。

結婚当時、菊池桃子さんは歌手や女優として大ブレイク中でしたから、旦那の西川哲さんはどうしても菊池桃子さんの収入に頼ってしまい、甘えが出たせいで収入が大幅に減ってしまったのではないかといわれています。

ほかにも、離婚原因として挙げられるのが、西川哲さんの女癖の悪さです。

旦那の西川哲さんは、菊池桃子さんとの結婚以降も、頻繁にキャバクラなどの女性のいるお店に遊びに行っていたともいわれており、そんな西川さんの派手な女遊びも離婚原因のひとつだといわれています。

さらに、西川哲さんはプロゴルファーとしてお金を稼げなくなった後、競走馬ファンド販売会社を立ち上げており、社長に就任。

その会社を立ち上げたときの資金は、なんと菊池桃子さんにも支援してもらっていたといいます。

そうして、西川哲さんは多額の借金も抱え込んでしまい、そんな金銭面でのトラブルも2人の離婚原因のひとつだといわれています。

しかも、西川哲さんは会社の代表取締役となった後、ほとんど菊池桃子さんが待つ自宅へ帰ることがなかったともいわれています。

2012年に2人は離婚を発表したとき、菊池桃子さんは「人生で予想もしなかったことが重なった」「前向きな最善策と考えて、離婚届を提出した」とコメントしています。

一方の西川哲さんのほうは、「自分からの配慮が足りなかった」「すれ違いを修正することができないまま、残念な結果を生じさせてしまった」というコメントを離婚時に発表しています。

スポンサーリンク


菊池桃子の再婚について!




2012年に、西川哲さんと離婚してしまった菊池桃子さんですが、再婚は考えているのか。

その点についても暴露します。

菊池桃子さんは2017年5月に、トークバラエティ『メレンゲのきもち』に出演。

そのときに、再婚を考えていることを明かし、理想の再婚相手についても話しています。

そのとき、菊池桃子さんが明かした理想の再婚相手とは、「生きる能力のある人」です。

菊池桃子さんが言うには、電気や水道などのライフラインが停止してしまったときでも、「俺に任せろ!」とか「俺は火がおこせる!」という頼りがいのある男性が理想の再婚相手だと話していました。

そんな発言をしたことから、元旦那である西川哲さんは頼りがいのない男性だったのではないかと思ってしまいますね。

そして、菊池桃子さんは2018年2月2日にトークバラエティ『ダウンタウンなう』に出演。

このときには、菊池桃子さん、再婚については考えていないと明かしているのです!

以前、『メレンゲのきもち』に出演したときに、再婚を考えていると明かしたことから、多くの男性に再婚を迫られたそうですが、よくよく考えてみると、1人のほうが気楽だということに気がついたそう。

それで、現在は再婚は考えていないようです。

スポンサーリンク


子供について!




最後に菊池桃子さんの子供についても暴露していきましょう。

菊池桃子さんは、1996年8月7日に長男を出産2001年10月18日に長女を出産しています。

なので、子供は2人います。

長男の名前は、幸秀(ゆきひで)

長女の名前は、小百合(さゆり)

長男について


長男の幸秀さんは、すごく頭がよく、都内でもトップクラスの学力を誇る立教池袋中学校や立教池袋高等学校を卒業したといわれています。

その後は、エスカレーター式に、立教大学に進学したとも噂されています。



幸秀さんは、幼いころから速読が得意で、授業中にあまりにも文章を読むのが早すぎて、先生に注意されることも多かったのだとか。

幼いころは、母である菊池桃子さんと一緒にテレビゲームをしたり、思春期には菊池さんと進路の相談をしたりと、すごく優しい息子です。

長女について


菊池桃子さんの長女である小百合さんには障害があります。

小百合さんは乳児期に脳梗塞を患い、その後遺症により手足に麻痺が残ってしまいました。

現在は幼少期から行っているリハビリのおかげで、ちゃんと一人で歩くこともできるようになりましたが、まだ手足の麻痺は残っているとのこと。

小百合さんも、長男の幸秀さんと同じように、有名私立の小学校を受験しましたが、小学校へ入学したときに手足の麻痺などが理由で、周囲の同級生たちとの違いを感じてしまい、大きなストレスを抱え込んでしまいました。

ときには、髪の毛が抜け落ちてしまったり、過呼吸になってしまったこともあるほど。

そんなこともあり、小百合さんは小学4年生とのときに、特別支援学校へ転校しています。

中学進学の際も、幼少期からの手足の麻痺を理由に一度は中学受験を諦めたのですが、結果的には有名私立中学に進学することができて、普通の中学生活を送ることができています。

菊池桃子さんは、長女の小百合さんに障害があることを2015年に放送された『ノンストップ』にて、明かしています。

子供が産まれたあと、娘に障害があることをずっと隠してきたのですが、いざ考えてみると「隠すことが娘に失礼」だと思うようになり、小百合さんの幼少期の辛かった時期を番組内で明かしています。

現在は、リハビリによって、周囲の人たちと同じような生活を送れているようなので、今後は誰よりも幸せな生活が待っていることでしょう。

スポンサーリンク


まとめ




美人過ぎる女優、菊池桃子さんの結婚した旦那や離婚原因や子供について公開しました。

現在は、再婚の予定はないという菊池桃子さん。

まぁ、菊池さんほどの収入や資産があれば、無理して再婚をする必要もなさそうですね。

子供も2人いることですから、将来は2人の愛する子供たちが菊池桃子さんを守ってくれるのではないでしょうか。

それでは、当サイトは菊池桃子さんを応援していきます。