男子バレー日本代表選手として活躍する高橋健太郎さん。

高橋さんは、日本代表選手のイケメン4名で結成されたユニット『NEXT4』のメンバーとして活動しており、アイドル的な人気を誇っています。

あなたも、高橋健太郎さんのことが気になったのではないでしょうか?

この記事では、高橋健太郎さんの熱愛彼女や高校や大学についてお話しますね。

スポンサーリンク


高橋健太郎のプロフィール




生年月日:1995年2月8日

出身地:山形県川西町

身長:202cm

体重:100kg

血液型:A型

ニックネーム:ケンタロウ

趣味:釣り、音楽を聴くこと、スノーボード

出身中学校:川西町立第一中学校

出身高校:米沢中央高等学校

出身大学:筑波大学

所属:東レ・アローズ

スポンサーリンク


高橋健太郎の熱愛彼女まとめ!




高橋健太郎さんは男子バレー日本代表選手の中でも、トップ5に入るほどのイケメン男子。

女性ファンもとても多く、高橋さんの彼女になりたいというファンが多数います。

そこで、高橋さんの彼女の噂を調査すると、実は高橋さん…いままで彼女の噂が一つもないんです。

たとえば、石川祐希さんだったり、柳田将洋さんだったりと、イケメンバレー選手には何かしら彼女の噂があったりするんですが、高橋さんにはそのような噂は一切ないのが凄いですよね。

高橋さんといえば、そのお洒落なファッションセンスに定評があり、日本代表メンバーの中でも人一倍女性を意識しているように思えます。

それなのに浮いた話がひとつもないということは、今はとにかくバレーボール一筋といったところでしょうか……

そんな高橋さん、メンバーの中で誰よりも、女性を意識していることが分かるエピソードをご紹介しましょう。

高橋健太郎さんがバレーボールをはじめたのは、高校生のとき。

それまでは野球少年でプロ野球選手を目指していたのですが、肘の故障をきっかけに、バレーをはじめることになりました。

高校からバレーを開始した高橋さんですが、その才能はすぐに開花し、2012年には全日本ユース代表に選出され、アジアユース選手権に出場し、銅メダルを獲得するまでに成長し、2014年には日本代表メンバーとして選ばれています。

ただ、高橋さんは「バレーは女性にモテなさそうだから、辞めようと思っていた」とコメントしてたことがあるんです!

日本代表メンバーに選出されるくらいの実力を持っているのに、女性にモテなさそうという理由だけでバレーを辞めちゃおうと思ってたなんて、実は相当女好きなんじゃないか?って思っちゃいますよね。

でも、現時点でとくに彼女の噂もないので、本当はバレーボール一筋の純粋な男なのかもしれません……

そして、高橋健太郎さんは過去に好きな女性のタイプを話していたこともあります。

高橋さんの好きなタイプは、ハーフか外国人の女性。

以前は何度か外国人の女性にアプローチしたことはあったみたいですが、ことごとくあしらわれてしまったんだとか……

また、好きなタイプを芸能人に例えると、女優の柴吹淳さんがタイプ。



高橋さんって、結構年上の綺麗な女性がタイプなのかもしれませんね。

スポンサーリンク


高橋健太郎の高校時代まとめ!




高橋健太郎さんの出身高校は、山形県にある米沢高等学校

この高校に入学した当時から、すでに身長が190cmあり、その圧倒的な高身長を見たバレー部の顧問に、「お前、絶対に全日本なれるぞ!」と言われたことで、高橋さんはバレー部に入部。

元々はバスケ部に入りたかったそうですが、バレーのほうが体力的にしんどくないという理由と、高橋さんはスポーツの試合中にどうしてもカッとなってしまい、対戦相手を威嚇してしまうこともあったことから、ネット越しで対決する競技に決めたそうです。

ただ、1年生のときはあまりやる気が起きず、練習に行かないことも多く、2年生になって本格的にバレーに打ち込むようになっていきます。

バレーにあまり積極的ではなかった高橋さんを説得したのは、母親である由美さんでした。

高橋さんの母は、ママさんバレーをやっていたため、息子のセンスに誰よりも気が付いており、「辞めないでくれ」と説得したことで、高橋さんは高校生活をバレーに捧ぐことを決意。

その後、母は高橋さんにバレーのことで口出しすることはなくなり、代わりに父親の和彦さんが他のバレー選手のフォームや特徴を研究して、息子に教えてあげることもあるそうです。

そして、高橋さんを本気にさせてくれたキッカケは、2年生のときに山形選抜に選出されたことでした。

3年生になると、アジアユース選手権の日本代表メンバーにも選出され、石川祐希さんと共にスタメンとして活躍し、チームに大きく貢献しています。

スポンサーリンク


高橋健太郎の大学時代まとめ!


高校を卒業した高橋さんは、茨城県にある筑波大学へ進学しました。

この大学時代で、高橋健太郎さんは一躍有名人になります。

大学時代には全日本メンバーに登録され、東京オリンピックへ向けた強化選手『Team CORE』のメンバーにも選手されています。

男子バレー日本代表のイケメンメンバー4名を集めた『NEXT4』が結成されたのも大学生のときでした。



メンバーは、高橋健太郎さんの他に、石川祐希さん、柳田将洋さん、山内晶大さんの4名。

この4名は、バレー選手でありながら、アイドルのようなルックスで多くの女性ファンを獲得することに成功し、バレーボール業界を賑わすことにも成功しました。

そんな甘いルックスのイケメン高橋健太郎さんは、大学時代に人気ファッションブランド『アバクロ』の専属モデルとしてスカウトされたこともありました。

当時を振り返ると、高橋さんは非常にカッコつけていたそうで、試合中には髪の毛にワックスをつけて出場することも多かったんだとか……

元々は山形県出身の田舎者だったことから、大学時代に多くのメディアにチヤホヤされたことで、変に勘違いしてしまったこともあったといいます。

高校時代はそこまでバレーに対して情熱はなかったそうですが、大学時代になると、ようやくバレーを面白いと感じはじめてきたそう。

そして、大学を卒業した後は、東レ・アローズの一員として社会人となります。



社会人になった後の高橋さんは、それまで意識していたファッションや髪型なんかよりも、自分の体を鍛え上げることにフォーカスし、チャラチャラしていた自分とは決別したようにも見えます。

現在は日本代表メンバーの一員として日の丸を背負って立ち、東京オリンピックに向けて、バレー一筋の日々を過ごしています。

スポンサーリンク


まとめ




イケメンバレーボール選手、高橋健太郎さんを紹介しました。

高橋さんの魅力は、なんといってもそのワイルドな容姿でしょう。

試合中も得点を獲得すると、全身全霊で喜びを表現する姿は見ていて本当に気持ちがいいものです。



バレーボール選手はクールな方が多いイメージがありますが、高橋さんは他の選手とは違って、とにかく熱い男なんですよね。

大学時代には、相手チームの挑発に引っかかってしまい、あやうく喧嘩になりそうだったこともあったといいます。

スポーツマンは試合中に自分の感情を相手に悟られないようにするのが普通ですが、高橋さんは感情を表に出してしまうことが多く、そんな単純で素直な性格も高橋さんの魅力のひとつ。

最近は少し大人になり、考え方も変わってきたのか、バレーボールを心から楽しめるようにもなってきているように思えます。

今後もワイルドなプレーで、日本を頂点へ導いてほしいものです。

それでは、当サイトは高橋健太郎さんを応援します。