イケメン俳優であり、ベテラン俳優でもある西村和彦さん。

西村さんがテレビに出演するたび、結婚した嫁が話題になることが多い。

この記事では、西村和彦さんの結婚した嫁や離婚原因や子供を暴露します。

スポンサーリンク


西村和彦のプロフィール




生年月日:1966年8月21日

出身地:京都府京都市伏見区

身長:175cm

血液型:O型

所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

西村和彦の結婚した嫁を公開!




西村和彦さんはこれまで二回結婚歴があり、二回離婚歴があります。

そして、現在は独身です。

では、西村和彦さんの最初の結婚と二度目の結婚について見ていきましょうか。

西村和彦の最初の嫁は立原麻衣!


西村和彦さんの一回目の結婚相手は、立原麻衣さんという人。



立原さんは女優やジャズ歌手として活動している女性です。

人気ドラマである『七人の女弁護士』ではレギュラーメンバーとなり、ブレイクして話題になりました。

西村和彦さんと立原麻衣さんは1996年に結婚しています。

しかし、結婚生活9年の末、2005年に二人は離婚してしまいました。

離婚理由は、夫婦生活にすれ違いが生じたとのこと。

また、二人の間には子供はいませんでした。

スポンサーリンク


西村和彦の二番目の嫁は國重友美!


西村和彦さんの二番目の嫁は、國重友美(くにしげ ともみ)さんという女性です。



國重さんは書家やタレントとして活躍していました。

6歳から習字を習いはじめ、高校生のときに書家になることを決意。

大学時代には、国語科書道科第一種教員免許を取得し、書道の教員も志していたのですが、ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募して、最終選考まで残ったことをキッカケにタレントとしてデビューしています。

あの人気大河ドラマ『花燃ゆ』の題字を担当したこともあり、西村和彦さんの二番目の嫁は才色兼備な女性なのです。



西村和彦さんと國重友美さんの出会いのキッカケは、2005年に放送されたテレビ番組での共演でした。

はじめて國重さんに出会ったとき、西村さんは「稲妻に打たれたような衝撃を感じた」そうです。

番組共演をキッカケに、西村さんは國重さんに一目惚れして、西村さんが國重さんの個展に足を運ぶなどして猛アプローチして交際に発展しました。

そして、二人は三回のデートを重ね、交際期間二ヶ月というスピードで結婚に至りました。

結婚したのは、2006年5月のとき。



交際を申し込んだのは西村さんのほうからで、國重さんの27歳の誕生日にプレゼントを贈って交際を申し込み、國重さんから「結婚前提ですよね?」と言われたというエピソードもあります。

また、プロポーズをしたのも西村さんのほうからで、「たとえ、あなたの才能が枯渇しても、僕はあなたを愛しています」「仕事も安定した職業ではないけれど、大事にします。結婚してください」というロマンチックな言葉でプロポーズしています。

スポンサーリンク


西村和彦の子供について!


2006年5月に結婚した西村和彦さんと國重友美さん。二人の間には子供も誕生しています。

2008年1月24日に長男が誕生。

2009年2月20日に長女が誕生。


子供は二人います。

子育てをしていたのは基本的には、西村和彦さんでした。

2009年に長女が産まれたあとは、二ヶ月育休をとって、子育てに専念していますし、國重友美さんは2012年に海外に留学しているのですが、その際も西村さんが日本で子供たちの面倒をみています。

西村和彦さんはこれまで度々、子供たちにつくってあげたお弁当の写真を公開しています。



いかがですか?男性がつくったとは思えないくらいの出来栄えですよね。

人気アニメのキャラクターがデザインされたお弁当をつくることも多く、これなら子供たちも非常に喜ぶこと間違いなし。

そのように、子供が二人誕生してから、西村和彦さんは子育てのほとんどを担当していることが明らかとなっています。

また、西村和彦さんは自分の子供を愛していることはもちろんのこと、東日本大震災の被災地である東北の子供たちを招待して、『ハンドボールチャリティーマッチ』を開催し、小さい子供自体が凄く好きなんだそうです。

スポンサーリンク


西村和彦が二度目の離婚を発表!




先ほどもお話した通り、西村和彦さんは二番目の嫁である國重友美さんとも現在は離婚しています。

離婚したのは2015年。

二人はかなり話し合いを重ねていたそうですが、結果的に離婚することを決めたといいます。

とくに慰謝料などの問題はなかったそうですが、子供の親権は西村さんが持つこととなり、西村さんは現在シングルファーザーとして生活しています。

ちなみに、2015年に離婚しているのですが、離婚したことを正式に発表したのは2017年でした。それには理由があり、西村さんが子供たちの気持ちを配慮して、離婚報告が遅れてしまったとのことです。

さて、西村和彦さんの二度目の離婚理由についてですが、それはやはり、二人が遠距離で生活していたことでしょう。

先ほども話した通り、國重友美さんは2012年に単身で渡米しており、米国に拠点を移しています。そして、子供たちの面倒も西村さんが見ていたとのことで、夫婦の間にすれ違いが生じていったことが離婚理由だといわれています。

また、二人は交際期間二ヶ月で結婚しているので、互いの性格もよく分からぬまま結婚しており、喧嘩が絶えなかったともいわれています。

テレビ番組では、國重友美さんは恐妻家だといわれることも多かったため、それも離婚理由のひとつではないでしょうか?

ゴミ出し、掃除、料理、洗濯といった家事全般は西村さんの担当だったらしく、西村さんは普段から尻に敷かれていたようです。

ただ、そのことをテレビ番組では笑顔で話していたので、まさか二人が離婚するとは思いませんでしたけどね。

子供たちの親権を男性側が持つというのも非常に珍しいですが、これまで子供たちの面倒を見ていたのは西村さんなので、それについても理解できますね。

そして、元嫁の國重友美さんは現在は海外を拠点に活躍しており、『英漢字アーティスト』として活動しています。



今では世界から、その才能を認められており、非常に多忙な日々を過ごしているみたいですね。

スポンサーリンク


西村和彦の自宅は嫁が考えたオリジナルデザインだった!




西村和彦さんは子育ての大部分を担当していたということで、元嫁の國重友美さんは何もしていなかったのではないか?と思われそうなのですが、そんなことはなく、二人で建てた自宅は國重さんが手がけたオリジナルデザインで、引越しなどにおいても國重さんが率先して行っていたそうです

西村さんは独身の頃は家にまったく執着心がなかったそうですが、國重友美さんとの再婚後は子供たちに残せるものが欲しいということで自宅を建設。

ただ、西村さんは家の知識がまったく無かったので、元嫁の國重友美さんにすべて任せっきりで物件を探すのも引越しの手配も全部、國重さんがやってくれたそうです。

自宅のレイアウトも國重さんが入念に考え抜いたもので、とても使いやすい自宅をつくることができたといいます。

現在もその自宅で子供たちと生活しているようですが、将来は子供たちにその自宅を譲る日がくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ




ベテラン俳優、西村和彦さんの結婚歴や離婚歴について公開しました。

二回目の離婚以降はシングルファーザーとして暮らしており、俳優活動も軌道に乗っているようです。

2015年の離婚以降、とくに浮いた話もないので、子供たちが大きくなるまでは再婚も考えていないのではないでしょうか。

今後も愛する子供たちのために、大ブレイクしてほしいものです。

それでは、当サイトは西村和彦さんを応援します。