イケメン歌手、ナオトインティライミさんの歌声に魅了されるファンはとても多いでしょう。

歌番組に出演することも多く、過去には紅白歌合戦にも出場した経歴もある誰もが認めるミュージシャンです。

さて、そんなナオトインティライミさんの嫁がどんな人なのか気になる人も多いんだとか。

この記事では、ナオトインティライミさんの結婚した嫁や子供を公開しますね。

スポンサーリンク


ナオトインティライミのプロフィール




本名:中村直人

生年月日:1979年8月15日

出身地:三重県亀山市

身長:172cm

血液型:A型

所属事務所:エンジン

ナオトインティライミの結婚した嫁を公開!


ナオトインティライミさんが結婚していると分かったのは、2013年のことでした。

2013年に写真週刊誌『週刊女性』が、ナオトインティライミさんが結婚していることを報じています。

しかも結婚したのは2013年ではなく、2005年5月に結婚していたと明かされています。

では、なぜナオトインティライミさんは2005年当時に結婚したことを発表しなかったのか。それには理由がありました。

ナオトインティライミさんは中央大学に在学していた2001年に『なおと』名義で、歌手としてデビュー。

しかし、思うようにブレイクしなかったため、7か月ほど引きこもりになってしまいました。

その後、2003年8月から2004年末まで世界中を放浪する旅に出ています。

その後、日本へ帰国して2009年にミスチルのライブに参加して、ようやくナオトインティライミさんは歌手としてブレイクを果たすのでした。

上記のエピソードを見て分かる通り、結婚していた2005年のときはまだ歌手として芽が出ていなかった時期なので、結婚したことを大々的に発表する必要性がなかったのです。

だから、ナオトさんは2005年当時に結婚したことを言わなかったそうです。

そして2013年になって、ナオトさんには実は嫁がいたということが報道されたとき、ナオトさんはファンに向けて謝罪のコメントをされていました。

では、ナオトさんの嫁を紹介しましょう。

ナオトさんの嫁は、池間アカネさんだといわれています。



池間アカネさんはナオトさんより4つ年上で、元歌手の方です。

池間さんは1999年6月にR&B歌手としてデビューし、沖縄の石垣島出身。

ナオトさんと嫁の出会いは、2003年のとき。

ナオトさんが世界を旅する直前に出会い、帰国してから2005年5月に結婚しています。

結婚後、嫁は歌手を引退して、これから歌手として活躍していくであろうナオトさんをサポートすることを決意したようです。

二人は結婚式を挙げていませんが、その代わりに渋谷のライブハウスで音楽関係者ら200人を呼んで盛大にパーティーをしています。

スポンサーリンク


ナオトインティライミと嫁の結婚生活も凄い!




ナオトインティライミさんの嫁は、元歌手の池間アカネさん。

二人は2005年5月に結婚していた。

上記の事実が判明したところで、二人の結婚生活も見ていきましょう。

ナオトさんは今でも嫁と夫婦円満で過ごしているみたいですよ。

ナオトさんが結婚していると発覚した2013年に、同年のお正月に家族でハワイ旅行へ行っていたことも報じられていました。

ナオトさんは正月には家族サービスをすることが多いようですね。

それから、嫁は元歌手ということもあり、ナオトさんがライブをやるときはバックコーラスを務めることが多いんです。

ナオトさんの力強い歌声に、嫁の綺麗な歌声が乗っかっているからこそ、ナオトさんの今の活躍があるといっても過言ではないんですよね。

また、2014年には一般社団法人音楽特定利用促進機構が、2014年結婚式で最も人気の楽曲/アーティストを発表し、ナオトさんの『ありったけのLove Song』が受賞されました。



この曲は結婚をイメージした曲で、リリースされたのは2010年のとき。すでに、ナオトさんが結婚した後に発売した曲なんですよね。

そんなナオトさんの人気曲『ありったけのLove Song』は間違いなく、嫁に捧げた曲なのでしょう。

ほかにもナオトさんが発表した楽曲の中には、大切な人に向けられた曲がたくさんあり、それらも嫁のことを考えながら制作したものなのかもしれませんね。

さて、ナオトさんは嫁と夫婦円満で暮らしていることは間違いないのですが、ナオトさん自身、ミュージシャンということもあってか、結婚生活についてあまり語ることはありません。

そんな中、ナオトさんは2017年に放送されたドラマ『コウノドリ』に出演し、女優の高橋メアリージュンさんと夫婦役を演じていたことがありました。



ナオトさんは、高橋メアリージュンさん演じるキャリアウーマンの妊婦・佐野彩加の夫・康孝を演じていたのですが、ナオトさんは俳優でもないのに、夫役を演じる演技がとても上手で、ドラマの劇中では嫁を支える紳士な役柄がとても似合っていたのを覚えています。

だから、きっと私生活でも嫁を温かく支えているのだろうと思いますね。

スポンサーリンク


ナオトインティライミと嫁の間に誕生した子供もチェック!




ナオトインティライミさんと嫁の間には、子供が三人生まれています。

結婚から二年後の2007年に双子の女の子が誕生。

その後、2015年6月に男の子が誕生しています。

基本的にナオトさんは子供たちとの関係も話すことはないのですが、ナオトさんはかなりの子供好きとして知られているので、自分の子供をかなり溺愛しているはずです。

たとえば、2018年に公開された映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』の劇中では、ナオトさんがマダガスカルの子供たちとサッカーをするシーンがあり、そのシーンはナオトさんにとって思い出深いものになったそうです。

映画の中では、ナオトさんが歌を披露するシーンもあり、歌のシーンをカットしてもいいけど、子供たちとサッカーをしているシーンは絶対にカットしないでくれと頼んだくらい現地の子供たちとサッカーをしたことが楽しかったみたい。

ナオトさんには私生活でも男の子の子供が一人いるので、上記のエピソードを聞くと、もしかしたら普段は長男とサッカーをしてコミュニケーションをとることも多いのかもしれませんね。

あと、2016年3月に熊本で大きな地震があり、ナオトさんは2019年に被災地にボランティアに行っており、そこでも現地の子供たちと笑顔でコミュニケーションをとっていたことがあります。

そのとき、ナオトさんはファンから頂いた募金で学校にテントを送り、そのお礼として被災地にいる子供たちがナオトさんの曲に合わせて組体操を披露。

そんな被災地の子供たちの元気な姿を見て、ナオトさんはとても嬉しそうにしていたこともありました。

そのようにナオトさんは自分の子供ではない子にも優しく接することが多いので、自分と嫁の間に誕生した三人の子供たちへも多くの愛情を注いでいると思うんですよね。

あと、ナオトさんの子供たちは近所の方いわく、素直で挨拶もきちんとできる子供たちなんだそう。

スポンサーリンク


まとめ




ナオトインティライミさんの嫁や子供について公開しました。

嫁は、元歌手の池間アカネさん。

子供は、女の子が二人、男の子が一人。

今もこうしてナオトさんが音楽業界で生き残っているのは、愛する嫁と子供たちがいるからだと分かりましたね。

人々を勇気づける愛のある曲を唄うことが多いナオトインティライミさんですが、私生活では家族からたくさんの愛をもらっているから、いい曲を書き続けられるのかもしれません。

これからも家族と幸せな家庭を築き、素敵な曲を世に送り出してほしいものです。

それでは、当サイトはナオトインティライミさんを応援します。