昭和を代表するスター・梅宮辰夫さんを知らないという方はいないでしょう。

そんな大スター・梅宮辰夫さんが、2019年12月12日に、慢性腎不全のため、天国へ旅立たれました。

さて、テレビドラマや映画、そしてバラエティ番組でも大活躍していた梅宮さんですが、梅宮さんの嫁がどんな方なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、梅宮辰夫さんの結婚した嫁や、過去の離婚についてお話しますね。

スポンサーリンク


梅宮辰夫のプロフィール




生年月日:1938年3月11日

出身地:東京都

身長:174cm

血液型:A型

所属事務所:グッデイ

梅宮辰夫の結婚した嫁を公開!


まず、はじめにお話しておくと、梅宮辰夫さんは離婚歴が一度あり、結婚歴が二度あります

ですので、まずは梅宮辰夫さんの最初の嫁から紹介して、次に現在の嫁を紹介しますね。

梅宮辰夫の最初の嫁は大門節子


梅宮辰夫さんの最初の嫁は、大門節子さんという方です。



最初の嫁・大門節子さんは銀座のクラブで働いている頃に梅宮さんと出会い、結婚に至りました。

梅宮さんの最初の結婚は30歳のとき。1968年のことでした。

大門節子さんは、芸能界でも活躍しており、『花が散るから』や『あねさんブルース』といった代表曲をお持ちの歌手でもあります。

そんな美人歌手の大門節子さんと結婚した梅宮辰夫さんですが、なんと大門さんとは結婚生活半年で離婚に至っています。

スポンサーリンク


梅宮辰夫の現在の嫁はクラウディア


そして、梅宮辰夫さんの現在の嫁はクラウディアさんという方です。



先ほど紹介した最初の嫁・大門節子さんと離婚に至った理由は、このクラウディアさんと出会ったからです。

出会った当時、クラウディアさんは銀座のクラブでホステスとして勤務しており、梅宮辰夫さんはいとこから「お前の理想通りの女性がいる」と、クラウディアさんのことを紹介されました。

梅宮辰夫さんの現在の嫁・クラウディアさんは、アメリカ出身で5歳のときに父親の仕事の関係で日本に来ており、モデルをやっていたこともある超美人。

梅宮辰夫さんは最初の嫁と離婚し、クラウディアさんに出会ったときに一目惚れし、交際に発展したのですが、梅宮さんはクラウディアさんとは結婚できない理由が存在していたのです。

実は、梅宮辰夫さんは、実の母には逆らえないそうで、母から「次の嫁は私が探す」と言われていたようで、母が探してきた女性としか結婚を認められなかったのです。

だから、クラウディアさんと交際している頃も、梅宮さんは「嫁はおふくろが選ぶと言ってるから、付き合っても、おまえとは結婚できない」と、はじめから話していたそうです。

そして梅宮辰夫さんがクラウディアさんと交際して三年が過ぎた頃、母親から梅宮さんにお見合いの話がきます。

母親は、「お見合いをしたら90パーセント断れないわよ」と、梅宮さんに話し、母に頭が上がらない梅宮さんは、そのことをクラウディアさんに伝え、クラウディアさんに別れ話を切り出したのです。

すると、クラウディアさんは、「2番目の女でもいいから別れたくない」と、梅宮辰夫さんと別れることを頑なに拒否したといいます。

そんなクラウディアさんの健気な言動に梅宮さんは心打たれ、母親から提案されたお見合いの話を無視して、そのままクラウディアさんと結婚することを決意したのでした。

そして、梅宮辰夫さんは1972年に、クラウディアさんと結婚。

二人はこのように、結婚式も挙げ、昭和の大スター・梅宮辰夫さんの二度目の結婚は大きな話題となりました。



この当時、二人ともとても若く、美男美女夫婦です。

スポンサーリンク


梅宮辰夫と嫁の夫婦仲が凄い!


梅宮辰夫さんは2019年12月12日に天国へ旅立たれたわけですが、1972年からずっと寄り添った嫁・クラウディアさんとは、夫婦円満で暮らしていました。



二人の結婚生活は常に、梅宮さんが嫁をリードする形で、かなり亭主関白だったといいます。

普段、料理好きな梅宮さんはどんな料理でも1から丁寧につくり上げ、嫁に自慢の手料理を振舞うことも多かったんだとか。

あと、仕事から帰宅するときには、家につく35分前には嫁に電話を入れるのが習慣だったようです。

それで、家につく35分前に電話をもらったクラウディアさんは、炊飯器のスイッチを入れて、梅宮さんが帰ってきたときに炊きたてのご飯を食べられるようにしていたそうですね。

2016年7月に十二指腸がんを患ったときには、それまで住んでいた東京にある3億円の豪邸を売却し、神奈川県にある海沿いの別荘に生活拠点を移し、そこで嫁のクラウディアさんと穏やかな生活を送っていました。

しかし、2019年1月には尿管がんの手術を受け、次第に体調は悪くなる一方だったといいます。

また、嫁のクラウディアさんも現在、病気と闘っていることが分かっています。

クラウディアさんは、2018年に『膠原病』を患い、ステロイドを使った治療を重ね、骨がもろくなってしまい、2019年1月に股関節を骨折したこともありました。

病院に入院していたときは、当時、尿管がんで入院していた梅宮さんの隣室に入院していたこともあり、クラウディアさんは一時は車椅子で移動していたこともあったといいます。

ただ、現在は少しずつ病状はよくなってきており、杖を使いながら歩行できるまで回復しているようですね。

最愛の夫である梅宮辰夫さんが天国へ旅立たれたわけですが、嫁のクラウディアさんにはなるべく長生きしてほしいものです。



そんな嫁のクラウディアさんですが、年末には人気バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に出演することも多かったんです。



クラウディアさんは梅宮辰夫さんと夫婦揃って、ガキの使いに出演し、ミュージカルスターの役を演じて、サービス精神旺盛で視聴者を笑わすことも多かったんですよね。

スポンサーリンク


梅宮辰夫と嫁の間に誕生した子供もチェック!


梅宮辰夫さんには、子供が一人います。

名前は、梅宮アンナさん。



梅宮アンナさんは、梅宮辰夫さんと同じくらい有名なので、知ってる方も多いでしょう。

アンナさんは梅宮辰夫さんと現在の嫁・クラウディアさんの間に誕生した子供です。

ちなみに最初の嫁・大門節子さんとの間には子供は誕生していません。

梅宮アンナさんは美人タレントとして活躍し、最近は梅宮辰夫さんの病状などをマスコミに伝えることも多く、家族の看病をすることも多かったといいます。



また、父の辰夫さんとバラエティ番組で共演することもあり、母のクラウディアさんとメディアに登場することもあり、家族三人が幸せそうに生活している様子をSNSに公開することも多かったんですよね。



2019年12月12日、梅宮辰夫さんが神奈川県内の病院で体調が急変したとき、アンナさんは病院に急行しており、アンナさんが病院に着いた直後に梅宮さんは息を引き取りました。

梅宮さんはメディアに出演しても、アンナさんのことを溺愛している様子を公開することが多かったので、最後にアンナさんの顔を見れたことが何よりも嬉しかったでしょうね。

スポンサーリンク


まとめ




昭和の大スター、梅宮辰夫さんの嫁を公開しました。

梅宮辰夫さんが最後まで寄り添った現在の嫁は、クラウディアさんだと分かりましたね。

二人の間に誕生した子供は、タレントとして活躍する梅宮アンナさん。

三人はこうしてスリーショットを公開することも多く、世間が羨む幸せな家族でした。



そして、梅宮さんが天国へ旅立たれても、これまで作り上げてきた偉業は、芸能界の伝説として語り継がれていくのでしょう。

それでは、当サイトは梅宮辰夫さんのご冥福を心からお祈りします。