1977年に歌手デビューし、今も現役歌手として輝き続けている長渕剛さん。

音楽活動だけではなく、役者としても活躍し、老若男女のファンが付いていることでも知られています。

最近ファンになった方の中には、長渕さんの嫁について気になるという方もいるようですね。

この記事では、長渕剛さんの結婚した嫁や過去の離婚や子供について公開します。

スポンサーリンク


長渕剛のプロフィール




生年月日:1956年9月7日

出身地:鹿児島県鹿児島市

身長:170cm

血液型:A型

所属事務所:Office REN

長渕剛の結婚した嫁が美人過ぎる!




長渕剛さんは結婚歴が二回あり、離婚歴が一回あります。

ですので、まずは長渕剛さんの最初の嫁を紹介しましょう。

長渕剛の最初の嫁は石野真子


長渕剛さんの最初の嫁は、石野真子さんです。



石野真子さんは、オーディション番組『スター誕生』への出演をキッカケに、アイドルとして芸能界デビューした方です。

長渕さんと石野さんの出会いは1980年に長渕さんがMCを担当していた『オールナイトニッポン』に、石野さんがゲスト出演したことでした。

元から長渕さんは石野さんと話したいと思っていたそうで、構成作家の秋元康さんにお願いして、石野さんをゲストとして迎えることができました。

二人は共演をキッカケに、意気投合して交際に発展。

長渕剛さんはその頃から、「石野真子のことが真剣に好きだ!」とラジオ番組で大胆告白することも多く、二人が交際していることはすぐにファンの間で知れ渡りました。

長渕さんが石野さんと結婚を発表したのは1982年



二人は婚約記者会見も行っており、石野真子さんは長渕剛さんと結婚したことにより、芸能界を引退することが発表されました。

1982年1月22日にはハワイで結婚式も挙げており、その幸せそうな姿がワイドショーに取り上げられています。



しかし、二人は1983年に離婚を発表。

スポンサーリンク


長渕剛と最初の嫁・石野真子の離婚理由




長渕剛さんと石野真子さんの離婚理由は、長渕さんが石野さんに日々暴力を振るっていたからだといわれています。

結婚後、石野さんは台所で鼻歌を唄っていただけで、長渕さんに叩かれたこともあったようで、離婚を発表する2か月前には家を出てしまったといいます。

それと、長渕さんは実の母をとても大切にしていたようで、石野真子さんが嫁姑問題に悩んでいたことも離婚理由だといわれています。

そして離婚発表後、石野真子さんは再び芸能活動を開始し、音楽番組『トップテン』にて、長渕さんと久々の再会を果たしています。



長渕さんが「元気?」と、石野さんに声をかける様子もあったので、離婚後も特別気まずい関係ではないようですね。

スポンサーリンク


長渕剛の現在の嫁は志穂美悦子


長渕剛さんの現在の嫁は、志穂美悦子さんです。



志穂美悦子さんは女優として芸能界デビューし、アクションシーンが得意なことでブレイクしました。

長渕さんと志穂美さんの出会いのキッカケは、1986年に放送されたドラマ『親子ゲーム』での共演です。

同ドラマでは長渕さんが主演を務めていました。

ドラマの撮影中に志穂美さんは左手の小指の付け根を骨折してしまい、長渕さんが志穂美さんのことを献身的にサポートしたことで二人は急接近し、交際に発展しました。

長渕剛さんが二度目の結婚を発表したのは1987年8月29日。



志穂美悦子さんは長渕さんのことを「役者さんにない不思議な感覚を持っていて、そういうのがキッカケだったんですかね」と、長渕さんが不思議な感覚を持っていたところに惹かれたことをコメントしています。

結婚発表後、志穂美さんは芸能界を引退し、現在は『花活動家』や『フラワーアーティスト』として世界中を飛び回り、ブレイク中です。

スポンサーリンク


長渕剛と現在の嫁・志穂美悦子の夫婦仲が凄い


長渕剛さんは現在も志穂美悦子さんと婚姻関係にあります。

元嫁の石野真子さんとはスピード離婚して世間を驚かせたことがあったものの、志穂美悦子さんとは今もうまくやれているようですね。

では、なぜ長渕さんは今も志穂美さんとうまく結婚生活を続けられているのか。その理由もお話しましょう。

まず、現在の嫁・志穂美悦子さんはとても強い女なのです。それが長渕さんとうまくやれている大きな理由です。

結婚後、長渕さんと志穂美さんは何度も喧嘩になったことがあり、その度、長渕さんは志穂美さんに手を出すことも多かったそうですが、ある日、志穂美さんは長渕さんとの喧嘩の最中に『後ろ回し蹴り』をして、長渕さんの首筋を痛めてしまったことがありました。

そんな出来事があってから、長渕さんは志穂美さんに喧嘩を売るような真似はやめて、自身も筋トレを開始したり、空手をはじめたりと、強くたくましい身体を手に入れたのでした。



現在の嫁・志穂美悦子さんも、元々は空手をやっており、しなやかな身体をつかって、アクション女優として活動していた方ですから、長渕さんを相手にしても負けることがなかったことには納得できるでしょう。



ここまで、志穂美悦子さんが喧嘩に強いことを紹介しましたが、実は志穂美さんは精神面も非常に強い女性なのです。それも、長渕さんと長年うまくやっていけている理由の一つ。

1995年、長渕剛さんは女優の国生さゆりさんと不倫関係にあったことがスクープされ、その報道に対して、国生さんは長渕さんと不倫関係であることを認めたということがありました。



普通ならその報道で、長渕さんと志穂美さんが離婚してもおかしくないのですが、志穂美さんは長渕さんと国生さんを呼び出し、三人で話し合いを行い、それをキッカケに国生さんとの不倫関係を解消させたのです。

パートナーが不倫をしていても、冷静な対応をしてしまう志穂美悦子さん。上記のエピソードを聞けば、今後も長渕さんとうまくやっていけるのは志穂美さんしかいないとお分かりいただけるでしょう。

スポンサーリンク


長渕剛と嫁の間に誕生した子供も凄い


長渕剛さんと現在の嫁・志穂美悦子さんの間には子供が三人います。

ちなみに元嫁・石野真子さんとの間には子供はいません。

第一子は1988年3月17日に誕生。性別は女性。名前は長渕文音さん。



長女の文音さんは現在、女優として芸能界で活躍中です。

映画で主演を務めることもあり、女優界ではかなり期待されている方なのです。

第二子は1989年2月2日に誕生。性別は男性。名前は長渕航



長男の航さんは現在、ヒップホップ界で活躍するアーティスト。

自身のミュージックビデオでは、父親である長渕剛さんと共演を果たし、親子関係もとてもうまくいっているといいます。

学生の頃は両親の影響で空手をやっており、大きな大会で優勝するほどの腕前だったともいわれています。

第三子は1994年2月28日に誕生。性別は男性。名前は長渕蓮



次男の蓮さんは現在、シンガーソングライターとして活動しています。

幼少期に、F1日本グランプリを見たことをキッカケにレーサーになることを夢見ていたのですが、2014年に練習中に怪我をしてしまい、翌年にレーサー活動を引退してしまったという過去もあります。

ただ、幼少期から長渕さんの影響でギターも得意としていたため、レーサーの夢を諦めても、ギターの腕前は残っていたのです。

スポンサーリンク


まとめ




長渕剛さんの嫁や子供を公開しました。

若いときは無茶をする印象が強かった長渕剛さんですが、今は年齢を重ね、温厚になった印象を受けます。

現在の嫁とも寄り添い合って生活しているようなので、今後もこの調子で幸せな家庭を築いていってほしいものですね。

そして、いつまでも色褪せない名曲を元気な姿で披露してくれれば嬉しいですよね。

それでは、当サイトは長渕剛さんを応援します。