日本を背負う体操選手の宮川選手が、塚原光男さんからパワハラを受けていると話題になっていますね。

ただ、塚原光男さんのことをあまりよく知らない方が多いんじゃないでしょうか?

この記事では、今噂の渦中にいる塚原光男さんの、バンド活動や歴代の技やを公開していきますね!

ムーンサルトを編み出したといわれる塚原光男さんを要チェックです!

スポンサーリンク


塚原光男のプロフィール




まずは、塚原光男さんのプロフィールを公開しますね。

生年月日:1947年12月22日

出身地:東京都北区

身長:166cm



塚原光男さんは元オリンピック選手であり、オリンピックの3大大会で金メダルを獲得した名誉ある選手でした。

1970年には、大学を卒業して、河合楽器に入社し社会人になるも、ミュンヘンオリンピックや、モントリオールオリンピックに出場して金メダルと獲得。

体操選手を引退してからは、体操選手を指導することを決心し、塚原体操センターを設立し、2012年にはロンドンオリンピック日本選手団の総監督も務めています。

つまり、塚原光男さんは体操界のドンといったところでしょうか。

スポンサーリンク


バンド活動がヤバ過ぎ!


元体操選手であり、現在は体操選手を指導する塚原光男さんですが、世間では塚原光男さんのバンド活動がヤバイと話題になっています。

現在はバンド活動に力を入れていないようですが、塚原光男さんは過去にバンド活動を行っていました。

これが、当時59歳の塚原光男さんのバンドをしている写真。



なんだか本格的にバンド活動やっちゃってますね。この写真を見る限りではとても体操指導者には見えませんよね。

塚原光男さんは50代のころにシニア世代限定のバンド大会「オールディーズ天国」に出場していた経験もあります。

塚原光男さんは当時バンド活動をはじめたことにより、体操選手への指導に緊張感をもてるようになったと話しており、趣味であるバンド活動があったからこそ、体操界でも今の地位に君臨できるようになったのかもしれませんね。

こちらは2015年に勇敢にギターを弾きバンド活動に精を出す塚原光男さんの動画。



なんだか一流ミュージシャンのようですね。

スポンサーリンク


歴代の技を公開!


塚原光男さんは体操選手だった頃に様々な技を編み出しています。

塚原光男が編み出した技その1:ムーンサルト



塚原光男さんは1972年に鉄棒でムーンサルトという新技を編み出しています。

塚原さんは当時、トランポリンのハーフ・イン・ハーフという技を見たことがキッカケで、この技を鉄棒に使いたいと思い、深夜の練習場で一人で数ヶ月間練習を重ね、ムーンサルトを編み出したといいます。

塚原光男が編み出した技その2:ツカハラ飛び

ツカハラ飛びとは、器械体操の種目跳馬の技の1つであり、側転とび1/4ひねり後方宙返りをする高度な技であり、今の体操業界では普通に使われる技ですが、塚原光男さんが編み出した技の1つといわれています。

塚原光男さんは現在、パワハラ騒動で世間から批判されているわけですが、現役で体操をやっていた頃は多くの新技を編み出しており、体操業界を牽引してきたことは事実。

塚原光男さんは現役時代には人ができない技を出来るようになるのが体操の魅力だと話しており、これまでに12コ以上の技を編み出してきたともいいます。

スポンサーリンク


まとめ




体操選手の宮川選手にパワハラをしたと話題になっている塚原光男さんを紹介しました。

バンド活動の過去やこれまで編み出した技を見る限り、決して悪い方ではないような気がする。

最近、スポーツ業界ではパワハラや不正が話題になっており、業界のドンが辞任するなどといった暗いニュースが多いですが、塚原光男さんは本当に実績のある方なので、早めに今回のパワハラ騒動に決着をつけ今後も体操業界を引っ張っていってほしいところ。

塚原光男さんの妻である塚原千恵子さんの記事はこちら:塚原千恵子の夫と子供(息子)がヤバイ!若い頃画像と病気説の真相まとめ