2018年9月4日、現在2018年最大の勢力といわれる台風21号が日本各地を襲っています。

中でも、報道によれば、関西方面の被害が非常にヤバイといわれています。

そこで、この記事では台風21号による京都駅甲子園駅の被害状況を公開していきますね。

スポンサーリンク


台風21号京都駅の被害状況


まずは、台風21号による京都駅の被害状況から紹介します。

京都駅では、天井のガラスが割れて、地面に落下するという危険な被害状況があります。

4日の午後2時25分ころに被害は発生。

場所は、京都駅の中央改札口付近で、天井のガラスが割れ、落下し、3人のお客様が怪我をしたといいます。

こちらが当時の動画です。


突然天井の方から、バリリーンという音が聞こえ、ガラスが割れていることが分かります。

落下したすぐ側には、人がいてすぐさま非難していることも分かり、怪我をしたが命に別状はないようで本当に良かったです。

京都駅の天井のガラスが割れた原因はどうやらマットが当たって割れたようですね。

こちらが、割れた京都駅の天井のガラスです。


結構大部分が破損しており、このまま営業を続行するのも難しそうですね。

今回の台風21号の被害は、京都に住んでいる方によれば、1999年に公開された映画「ガメラ3」を彷彿させるともいいます。

「ガメラ3」は、京都が舞台になっており、ガメラというバケモノが京都駅の天井を破壊するシーンがあるのですが、そのシーンを思い出したという方がツイッター上には多かったです。

架空のバケモノを彷彿させるほどに、今回の台風21号は強烈な被害を出しているということが分かりますね。

今現在は、警察の方も訪れ、駅自体は封鎖しているようです。


ちなみに、現在京都駅は停電の被害にもあっているといいます。

こちらに関しても、早く復旧することを祈るばかりです。

スポンサーリンク


甲子園駅の被害状況もヤバイ?


お次は、兵庫県西宮市にある甲子園駅も台風21号の被害に合われています。

甲子園駅自体はそこまで被害は大きくないようですが、甲子園駅の横にある駅ビルの屋根が台風21号によって吹っ飛んだと報告があります。

以下が、被害状況の動画です。


こちらは屋外の被害ということで、さきほどの京都駅のガラス割れよりもヒドイ状況ではないでしょうか。

屋根が勢いよく吹っ飛び、近くの電信柱にぶつかり、大きな火花が散っていることが分かります。

屋根の一部が地面に落下して、人が大怪我を負わなかっただけマシだったのかもしれません。

被害に合われている屋根は、近くの住民からの情報によると、甲子園駅の隣にあるヒューイットホテルの宴会場の屋根だといわれています。

屋根だけではなく、甲子園駅駅前のショッピングモールCorowaの壁の一部も台風21号の被害によって破損されたといわれています。

現在、甲子園駅付近では、さきほどの大きな火花の影響があってか、煙が立っているようですから近隣の方はくれぐれも注意してください。

こちらに関しても、復旧まで多くの時間や費用がかかってしまいそうですよね。

そして、甲子園駅がある兵庫県西宮市は今現在、断水、停電が継続中とのこと。これに関してもいち早く復旧されることを祈るばかりです。

スポンサーリンク


まとめ



台風21号による京都駅と甲子園駅の被害状況をお話しました。

2018年には多くの台風が巻き起こっていますが、中でも台風21号は2018年の台風の中でも一番勢いがあるといわれているだけあり、関西方面では人々が日々利用する大型の駅が酷い被害に合われていました。

幸い、今のところ、命を落とすなどといった被害状況は聞いていないので、これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

とくに関西方面に住んでおられる方は、極力外出を控えてほしいものです。

関連記事:台風21号(2018)被害状況画像!関西空港が水没!尾崎駅が火事で全焼!