佐々木蔵之介さん主演の2018年秋ドラマ「黄昏流星群」の主題歌が、平井堅さんの「half of me」であると話題になっています。

ドラマのストーリーを彩る平井堅さんの主題歌に、胸踊った視聴者も多いのではないでしょうか?

この記事では、ドラマ「黄昏流星群」の主題歌である平井堅さんの「half of me」の歌詞や発売日に迫ります!

スポンサーリンク


「黄昏流星群」の主題歌は平井堅の「half of me」




ドラマ「黄昏流星群」の主題歌である「half of me」は、平井堅さんが長年温めてきた未発表曲です。

なので、「黄昏流星群」の台本を読んだりして、書き下ろした曲ではないんですよね。

「half of me」は、2009年7月に平井堅さんのコンセプト・アコースティックライブ「Ken’s Bar」ではじめてファンの前だけで披露された曲です。

ドラマ「黄昏流星群」のプロデューサーは、ドラマを見てくれる視聴者を暖かく包みこむような主題歌がほしいと思っていたところ、平井堅さんに「half of me」を主題歌に頂いたと話していました。

プロデューサーは、平井堅さんの「half of me」をはじめて聴いたときから、「広がる情景に心震えた」と話しており、主題歌に抜擢された「half of me」を非常に気に入っている様子でしたね。

平井堅さんがテレビドラマの主題歌を担当するのは、「黄昏流星群」が17回目。

平井さんが主題歌を担当すれば、どんなドラマも盛り上がるので「黄昏流星群」も大ヒット間違いなしといったところではないでしょうか。

スポンサーリンク


平井堅の「half of me」の歌詞


Youtubeには、平井堅さんが「half of me」を唄う動画がアップされていました。



耳コピになりますが、歌詞を公開しますね。

飲み物でも買いに行くように 君はじゃあねと言った

閉めたドアの音が 重く響いてこの胸を引き裂いた

君が置いて行った雑誌にはコップのシミが出来て

乾いて消えるかと思ったらあざのように残った

窓を開けて空を見上げ 君がいない世界が待ってる

何を残し何を捨てればいい 泣き出しそうな思い出抱きしめた

何を見ても何に触れていても二人で分け合った事に気づく

窮屈だった夜ほど愛しくて痛みだけがそばにいた

新しいキスをいくつもして塗り替えたつもりでも

君という空白は埋まらない

あの日からずっと

You’re the other half that makes me whole
La La La

抱えた傷は形を変えいつしか体の一部になる

人はどうして叶えられぬものを引きづりながら生きていくのだろう

何を見ても何を感じてても二人で分け合った事に気づく

僕はこれからも探すのだろう失われた半分を

何を残し何を捨てればいい

何を忘れ何を願えばいい

誰もが迷い探し続けてる壊れやすい永遠を

失われた半分を

「half of me」の歌詞は非常に切ない歌詞になっていて、恋人との破局を連想させる歌詞になっています。

平井堅さんの甘い歌声がより一層切ない歌詞を引き立てていますよね。

「half of me」は、決して1つにはなれないけど、だからこそ1つになりたいと願う気持ちを歌詞にしたといわれており、歌詞を見る限り後半部分にいくにつれ、2人で一緒に過ごした時間がいとおしくなってきて、自分自身が壊れていくかのような表現が見えます。

「half of me」は大人の恋愛模様を書いた歌詞になっていて、10代や20代の方にはちょっと難しい内容の歌詞かもしれませんね。

スポンサーリンク


「half of me」の発売日はいつ?


ドラマ「黄昏流星群」の主題歌である平井堅さんの「half of me」の発売日は、2018年11月28日(日)です。

「黄昏流星群」の初回放送日から約1ヶ月半後の主題歌発売ということで、そのころには「黄昏流星群」のストーリーも後半に突入している頃なので、ドラマのストーリーと「half of me」がマッチしていることでしょう。

その頃には、視聴者の耳にも「half of me」が染み渡っているはずなので、発売と同時に大ヒットしそうですよね!

2009年に平井堅さんのライブに行ったファンも、当時から「half of me」の発売を心待ちにしていたようなので、今回ドラマの主題歌に抜擢され、念願のCD発売ということで平井堅さんのファンもさぞかし喜んでいることでしょう。

スポンサーリンク


まとめ




ドラマ「黄昏流星群」の主題歌「half of me」の歌詞や発売日をまとめました!

大人の切ない恋愛模様を唄った歌詞であり、歌詞のひとつひとつのフレーズが非常に優しいように思えました。

「黄昏流星群」の視聴者も、恋愛につまづいている大人も、この平井堅さんの「half of me」を聴いて、暖かい温もりに包まれてみてはいかがですか。